★4つ。

バイトをしながら絵を描いている夏目。
その恋はいつでもまっすぐで激しい。
32歳になった彼女は、これまでの中でもとびきり激しい恋をする。
ほとんど狂気とイコールである恋を。

西加奈子さんの小説は何冊か読んでいる。
共通して、登場人物の性格が極端で
現実味には少々欠けるかもしれない、という印象。

けれど、彼らのどこかが、
自分やよく知っている人のある部分を思い切り強調したもののように思える。
ふだんは自分の目にすら触れないようにしている危険な部分を
まざまざと見せつけられているようで、
リアリティに欠けるように思える彼らにいつの間にか同化しそうになる。

『白いしるし』は夏目をはじめ、
登場人物が皆、狂気にも似た恋に囚われている。

痛々しくて哀しいけれど、同時に、人はなんて強いんだろう、とも思う。

狂気を自覚しながらもどこか自分を保ち、
たくましく生きようとする彼らが、私は好きだ。
彼らの弱さを飲み込んだ強さが、
そんな人々を見つめる西加奈子さんのまっすぐな視線が、私は好きだ。

自らの狂気飲み込み生きていく 傷つかずにはいられない恋 【感想短歌】



『白いしるし』

女32歳、独身。
誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、
恋を遠ざけていた夏目。
間島の絵を一目見た瞬間、
心は波立ち、持っていかれてしまう。
ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。

参考:「BOOK」データベース