★4つ。

本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞の
和田 竜さん『村上海賊の娘』
主人公は戦国の世に瀬戸内海を席巻した村上海賊家、
中でも村上家の名を世に知らしめた
村上武吉の娘、景(きょう)。

自分の腕に自信満々で
実際それだけ強くて乱暴者の姫様、
でも素直で飾らなくて、実はとってもロマンチスト…
というのが、物語の最初の頃の景の印象。

景の父親がそう思っていたように、
最初の頃の景は二十歳と言えどまだ子供、という感想。
しかし、戦国という厳しい時代の
どうにもならない体験を通して、彼女は成長する。
一度挫折して、諦めて、
それでも自分の譲れないものに気づき大切にしようと決める。
開き直って自分の道を貫く決意をした景は、凛として美しい。

残酷な時代に力いっぱい生きた景や、周りの人々の潔さ。
家を守るため、ただそれだけのために命がけで戦う人々。
今となってはその家も時代の狭間に消えてしまい
彼らの願いは叶わなかったけれど、
信念を貫いて生き、死んでいった彼らを
憐れ、とか悲しい、とは思わない。
それは彼らが誰かの言いなりでなく
心から大切に思うもののため、
自分自身の信念や思いを守るために生きていたからなのだろう。

歩める道が様々にある現代に生きる自分は、
ぐらぐらと迷ってしまいがちで。
戦国の世に生まれたかった、なんてことは思わないけれど、
彼らのただ一つ守り抜こうとする信念が、
道徳的な善悪は二の次に一本筋の通った生き方が、
眩しくて少しだけ羨ましくも感じてしまうのだ。




『村上海賊の娘 文庫 1-4セット』
戦国の世にその名を轟かせた村上海賊。
強勢を誇る当主の村上武吉、
その剛勇と荒々しさを引き継いだのは、
娘の景だった。
この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、
物語の幕が開く―。

参考:「BOOK」データベース