★4つ。

江國香織さんの小説は、短編でも長編でも透明感が感じられる。
切なさ、淋しさはたっぷりとあるけれど、
それは氷のように輝いていて、儚くて、
淋しい、と感じながらも眺めていたい気持ちになります。

『つめたいよるに』には、さらさらと読める短編がたくさん。
“さらさら”と言っても話が薄いわけじゃなく、
どれも光景が目の前に浮かんでくるような印象的なものです。
短編は短編としてきちんと完結しつつも、
長いお話の一部のようだな、という感想。
主人公たちの人生の一部を、
ちょうどこの部分でこう切り取れば美しく見える、
という絶妙なところで切り取って
そっと差し出されているようなイメージです。

主人公は小さな子供だったり、お年寄りだったりと様々。
ほとんどのお話が一人称で描かれています。
主人公の年齢や性別で言葉遣いは変わるけれど、
無理に合わせているわけではなく
江國香織さんの目線を1度通してから使われている言葉、という印象。
小さな子がちょっと難しい言葉を使っていたりするけれど
それが不思議と不自然じゃなく、
その状況や心がむしろはっきりと伝わってくる。
何気ない情景が江國香織さんのフィルターを通して濾過されていて、
それこそが氷のような透明感と儚さの所以なのかも。

悲しいようで暖かい「デューク」、
絵本にもなっているちょっとだけ怖くて
でも美しい「桃子」などが特に印象的でした。
なかでもお気に入りは「子供たちの晩餐」。
4人の幼い兄弟姉妹が企む、両親に秘密のとあるできごと。
子供たちのワクワク感、ゾクゾク感が伝わってきて、
「両親にナイショ」というだけでとてつもなくドキドキして楽しかった、
あの気持ちが甦ってきます。

静かにそっと、でも確かに輝いている人生の断片。
さらさらと気持ちよく読めて、でも静かな余韻が残ります。



『つめたいよるに』
デュークが死んだ。
わたしのデュークが死んでしまった―。
犬のデュークが死んだ翌日、
わたしはハンサムな男の子に巡り合った。
出会いと別れの不思議な一日を綴った「デューク」。
デビュー作「桃子」を含む21編を収録した短編集。

参考:「BOOK」/「MARC」データベース


 

★4つ。

小学館の童話全集は絵も話もちょっと恐かった。
サンリオのいちごえほんは色んな画家さんの絵がいっぱいで、
友達の家にあった「100万回生きたねこ」は
大人になってから自分で買った…。

江國香織さんが絵本について語る
『絵本を抱えて部屋のすみへ』
紹介されている絵本はほとんど読んだことがありません。
それでも、絵本への愛情が溢れていて
小さな頃に読んだ絵本を次々に思い出しました。

絵とシンプルな文章で描かれる、絵本の中にある日常。
自分の日常とは少しちがう
主人公達の日常をそっとのぞきみるような面白さ。
「絵本を抱えて部屋のすみへ」は
子供の頃も、そして大人になってからも感じる
絵本を読む時の特別なドキドキ感を思い出させてくれます。

「部屋のすみ」に座ったままで、
自分以外の人や動物になれてしまう。
絵本が連れて行ってくれる世界はシンプルゆえにとても新鮮。
その生き生きした世界が好きだった。
思えばそれが私の読書原体験だったなあ。

江國香織さんの文章は淡く透明で、
今にも消えそうなのに読んだ後しっかりと存在が残る。
絵本の紹介なんだけど
江國香織さんの感性がさりげなく、でも全面に感じられて
こんなふうに本を紹介できたらいいな、という感想。
江國香織さんの文章が好きならそれに惹かれて、
紹介されている本を読みたくなってしまいます。

無性に絵本が読みたくなって、本屋さんの絵本コーナーで
紹介されている本を何冊かと
自分が好きだった懐かしい絵本をチェックしました。
本ばっかり読んでいる子供だった私には、
「絵本を抱えて部屋のすみへ」は
知らない絵本と子供の頃の自分、
両方に出会わせてくれるような、ちょっと不思議な本でした。



『絵本を抱えて部屋のすみへ』
私がいまの私になるために、
絵本たちとのとても大切で
幸福な出会いがあった。
絵本という表現手段への
愛情と信頼に満ちたエッセイ。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

ふとした瞬間に滑り落ちる“すきま”。
大切なともだちがいて、
ずっとそこで暮らしていたような懐かしさがあって…
でも、行くのも帰るのも自由にはできない。

江國香織さん著、こみねゆらさんイラストの
『すきまのおともだちたち』
ファンタジーではあるけれど
不思議な世界で冒険をするわけではなく、
穏やかで優しい日常といろいろな違いを乗り越えた友情が
じわっと心に沁みてきます。

子どもの頃からの友人はいても、子どもの時の友人には2度と会えない。
当たり前で少し淋しくて、素敵なことであるはずの“変わっていくこと”が
“すきま”では当たり前ではなくて。

「過去の思い出って淋しいのね。それに悲しい。
じれったくもあるし、絶望的でもある」(本文より)

変わること、変わらないこと、どちらが淋しいことなんだろう。
少し切なさを感じる不思議な友情を味わいに
“すきま”に落ちてみたくなりました。

こみねゆらさんの淡い絵と
江國香織さんの淡々としているのに優しい文章がぴたりと合って
読む人を“すきま”に連れて行ってくれます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
 



『すきまのおともだちたち』
『MOE』連載に加筆・修正。挿絵はこみねゆら。
「過去の思い出って淋しいのね」
旅先で出会った勇ましい女の子と私との
いっぷう変わった友情の物語。

参考:「MARC」データベース

★4つ。

心が通じ合っているとはとても言えない夫婦の、
幸せなような淋しいような、
でも間違いなく平和な日常。

人の心が特に理由もなく揺れ動くこと、
自分にも説明できない感情が
細やかに繊細に描かれています。

江國さんはニガテ、という友人が
「抽象画を見てるみたいで…」と言っていて、
うまい表現だなーと思ったけど私はそこが好き。

でも、この本に出てくる旦那さんは好きになれん。
 



「私と別れても、逍ちゃんはきっと大丈夫ね」
そう言って日和子は笑う、くすくすと。
笑うことと泣くことは似ているから。

結婚して10年、
幸福と呼びたいくらいな愉快さと、
うすら寒いかなしみ。
日々たゆたう心の動きをとらえた、
美しくて少し怖い連作短篇小説集。

参考:「BOOK」データベース 『赤い長靴』

★4つ。

江國さんの本には
いつもちょっと奇妙な人間関係が描かれていて、
日常のようなそうでないような
不思議な感覚が好きです。

この本は短編集。
「奇妙な人間関係」を持った人々の
生活の断片が切り取られていて、
読んでいて心が痛くなります。

読み終わって少し悲しくなる話が多いので、
切ない話が好きな人におすすめです。

泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)
江國 香織

号泣する準備はできていた (新潮文庫) 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫) いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫) いくつもの週末 (集英社文庫) ホテルカクタス (集英社文庫)

by G-Tools