★3つ。

小野不由美さんの短編は『十二国記』シリーズなど
短くても胸にずしんと残るものが多くて、そういう迫力を期待してしまう。
『営繕かるかや怪異譚』、その点で少し物足りなく感じてしまった。

面白くないわけでは全く無い。
家に起こる怪異が
それを理解し想像力を働かせることによってさらりと解決する…
という作りはなんとも奇妙で面白い。
今より少し前の時代には怪異が身近なものとして存在したのだ、
奇妙なことではあるけれどそれほど特別なことでは無いのだ、と感じる。
怪異が当たり前に存在する異世界に
するりと連れていってもらえるのだ。

ただ、怪異に出会った人々の生きざま、出会うまでの経緯が
緻密な描写で語られているから
怪異が治まって話もおしまい、となると
あれ、彼らはその後どうなったの?と気にかかってしまう。
入り込んだ気持ちがあっさりとかわされて
現実より少し歪んだ怪異の世界に
取り残されたような気分になってしまう、という感想。

緻密な描写ゆえにするっと物語の世界に入り込み、
そしてまた緻密な描写ゆえに取り残された気分になる。
さらりと解決する怪異話、面白いんだけど
もっと重い小野不由美を…!と思ってしまうのは、
小野不由美世界のかなりの中毒なのかもしれない。




『営繕かるかや怪異譚』

この家には障りがある―
住居にまつわる怪異を
営繕屋・尾端が鮮やかに修繕する。
怪談専門誌「幽」に連載の物語。

参考:「BOOK」データベース

★5つ。

読んじゃうのがもったいなくて、
ずっと積読しておいた十二国記の短編集、ようやく読了。
十二国記の長編はその国の「王」を描いているけれど、
『丕緒の鳥』の主人公たちは
役人であっても国政には手の届かない位置にいる人々や、
ごく当たり前の商家の娘…つまりはごくごく、普通の人々。
ごく普通の彼らが、強く逆らえない存在である“国”や“自然”に対峙し、
非力さを痛感しながらも必死に前を向いて生きようとする姿が胸を打ちます。
以下、4編それぞれの感想。


 『丕緒の鳥』
  雑誌の読切で読了済。
  理不尽な政治に逆らうことも、民の力となることもできない、
  と苦しむ主人公・丕緒(ひしょ)。
  何もできなかった不甲斐ない自分への絶望、
  いなくなってしまってから初めて理解できた仲間の思い。
  己の不甲斐なさに苦しみながらも
  自分の仕事に必死で打ち込むことで現実と仲間の思いを受け入れ
  伝えようとする彼の姿はそのまま、
  大きな力に抗えないでいる現実の自分たちに重なるようで、
  だからラストシーンがじわりと心に染みてきます。
  御簾越しにだけど、十二国記でお馴染みの顔にも会えて嬉しいかぎり。
  「胸が痛むほど」美しい丕緒の鳥を、この目で見てみたい、と思う。

『落照の獄』
  こちらも読切で読了済。
  重い、とても重い。
  “上の人”に対し“普通の人々”は単純に
  「どうしてこうしないんだろう」と思う、
  むしろ、そうしないことに憤りを感じる。
  けれど、自分がその立場になった時、簡単にそれを決意できるだろうか。
  人の命、罪と罰、傾いた国。
  傍から見てるほど、頭で考えるほど、単純な一本道ではなくて。
  人間の苦しみ、葛藤、立場のちがう人間が分かり合うことの難しさ、
  そんなものがずしりと、真摯に描かれていて心を抉ります。
  結局、答えなんてものは出ていない。
  永遠に出ることはないのだろう。

 『青条の蘭』
  書き下ろし。
  この短編集の中で一番印象的で、一番好きな話。
  どの国のどの時代の話だろう、とドキドキしながら読んだのだけど、
  あの国の荒廃がこれほどひどかったなんて。
  救いなんて無いように見える。
  辛く哀しい、理不尽なできごとが数多く起こっていることも、知っている。
  それでも、この物語のように、奇跡は起こり得るのだと、
  誰かの真摯な思いが他の人の思いを呼び覚まし、
  伝わるはずも無いような遠い遠いところにまで届くこともあるのだと、
  確かにそう信じられる、美しく強い物語。

 『風信』
  書き下ろし。
  自分が行っていることが真の意味で人々の役に立つのかどうか、
  分からないながらもそうするしかない、不器用な人々。
  間違っていないのか、分からない。
  お前のやっていることなんて何の意味も無い、と糾弾されても反論できない。
  それでも、自分にはこれしかできない、ならばこれだけを必死でやるしかない、
  と仕事に打ち込む人間の姿は、時に滑稽で、時に愚かだ。
  だけれど、ささやかな営みが人の救いとなることが確実にある。
  不器用な彼らも、彼らに疑問を抱く人々も、
  どちらにも自分に近いものを感じるのだ。
       

「王」や有能な官吏たちのように、
国を動かし、人々に幸せをもたらすことはできずとも、
平凡な人々も、少しでも人々にとって希望であろうと必死で生きている。
時に悲惨で時に滑稽な“普通”の人々も、
人の希望となり得ることができるのだ、
哀しいこと、惨いことも起こるけれど、
美しいことや素晴らしいことも同じように起こり得るのだ、と
平凡な己を信じてみたくなる短編集。

長編とはまた違った味わいがありました。
読めば読むほど、十二国記に登場する「王」の条件、
「道理が分かっている」人とは小野不由美さん自身ではないか、と思えてくる。
どうしてこんなにも、ちがった立場の人々の心を
真に迫って描くことができるのだろう。
そしてやっぱり読めば読むほど、
長編の続きが読みたくて仕方がなくなるのです。





『丕緒の鳥』 十二国記 (新潮文庫)

「希望」を信じて、男は覚悟する。
慶国に新王が登極した。
陶工である丕緒は、
国の理想を表す任の重さに苦慮していた。
希望を託した「鳥」は、
果たして大空に羽ばたくのだろうか―
己の役割を全うすべく煩悶し、
一途に走る名も無き男たちの
清廉なる生き様を描く全4編。

参考:「BOOK」データベース

★4つ。

現実とは大きく離れた『十二国記』や『屍鬼』とはちがい、
行方不明になった人物を探す本格ミステリー…
という印象はそれほど無くて、
閉鎖的な島という異世界の怖ろしさ、
その印象のほうがずうううっと強い。
罪あるものに罰を与える“邪教”の神、
神の存在が生活に根付いている島民たち、
道具立ても起こる事件も怖ろしくて
ミステリーというよりホラーと呼ぶほうが相応しい気がします。

小野不由美さんの小説に感じる圧倒的な説得力が
『黒祠の島』では少し足りないような感想。
犯罪の実体を暴く謎解き要素とホラーな要素、
どちらも少し物足りなく感じてしまう。
小野不由美さんの小説は
思い切り日常からかけ離れた世界のほうが
むしろ説得力も、怖ろしさ悲しさも際立っていると思います。

それでも、全体の感想は面白かった、というか怖かった。
正体不明の“神”は無条件に怖くて、
こんな島にうっかり行ってしまったら…
と思うと背筋が寒くなる。
そして、人の心の怖ろしさ。
残虐な事件も“島のこと”として
片付けてしまおうとする人々や、
神のために尋常ではない生活を
送らざるを得なかった人の心の歪み。
「罪」と「罰」に対する、答えの出ない矛盾した葛藤…。
その辺りの迫ってくる描写は、
やっぱり小野不由美作品の迫力を感じました。

ラストの続きも気にかかる。
死んでしまった人の縁者にとって、
事件は決して終わっていない。
この後に何が起こるのか、
小説が1作できそうなくらいで
読み終わった後もつい引きずってしまいます。

少々物足りなさはあったけれど、
全体として迫り来る怖ろしさがありました。
でもやっぱり、『十二国記』の続きが読みたいぞー。



『黒祠の島(こくしのしま)』
「そう-ここは黒祠なのですよ」

近代国家が存在を許さなかった
“邪教”が伝わる、夜叉島。
式部剛(しきぶたける)は失踪した
葛木志保(かつらぎしほ)の姿を追い求め、
その地に足を踏み入れた。
惨事の名残を留める廃屋。
神域で磔にされていた女。
闇を統べるのは何者なのか?

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

アニメにもなってる超有名シリーズの第一作。
戦いの描写は生々しいし、
上巻はとにかく、ひたすら、話が暗い。
人間の利己的な部分をこれでもか、と言うほど見せつけられる。
危うく挫折するところだったけど
“つまらない”とか“難しい”で挫折しかかったわけじゃなく
陽子の体験がまるで
我がことのように思えて本当に辛かったのです。

でも、その辛い描写があるがゆえに
陽子が自分の生き方を改めようとする箇所は
実に説得力があって感動もの。
人は自分次第で生き方を変えることもできるんだ、とつくづく感じました。
登場人物たちの言葉は
ヘタな啓発本より心に沁みる。
自分を真に悔い改めて生き方を変えるのは難しく、
それをしようとする陽子の強さは眩しい。

そして実に緻密な世界設定に参った。
小説は想像の世界だからこそ、齟齬があると
「あれ?」と思ってあっという間に現実世界に引き戻されてしまう。
十二国記シリーズは読んでいる間、現実に戻る暇が無い。
気付けば異界にどっぷりハマってしまってました。

けしてけして子供だましのファンタジーではありません。
壮大でありながら緻密、圧倒的です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




「あなたは私の主、お迎えにまいりました」

ケイキと名のる男が突然現われて、
陽子を連れ去った。
海に映る月の光をくぐりぬけ、
辿りついた地図にない国で
陽子を待ちうけていたのは
異形の獣たちとの戦いだった。
「なぜ、あたしをここへ連れてきたの?」
陽子を異界へ喚んだのは誰なのか?
帰るあてもない陽子の孤独な旅が、いま始まる。

参考:「BOOK」データベース 『月の影 影の海』

★5つ。

小野不由美さんの代表作と言えば「十二国記」。
そちらも世界観に圧倒されますが、
「屍鬼」は本っっっ気で怖い。

小さな村に原因不明の病気が流行り、次々に人が死んでいく。
原因を探る医者と僧侶。
その信じられない原因が明らかになって行く様が
リアルで、緻密で、寒気がします。

ホラー好きな方はぜひ。
でもまぢで怖いっす。

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
小野 不由美

屍鬼〈2〉 (新潮文庫) 屍鬼〈3〉 (新潮文庫) 屍鬼〈4〉 (新潮文庫) 屍鬼〈5〉 (新潮文庫) 東亰異聞 (新潮文庫)

by G-Tools