★3つ。

「六番目の小夜子」がイマイチ好きじゃなかったので
期待しないで読み始めたら、思ったよりずっと面白かった。

高校生活の儚さがヘンに美化されず描かれていて気持ちいいです。
ラストの爽やかさも好感。

でも「夜を徹して80kmを歩き通す」
なんて行事が高校であったらきっとサボった、

そうさ私は文科系。

夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
恩田 陸

図書室の海 (新潮文庫) 六番目の小夜子 (新潮文庫) 手紙 (文春文庫) ネバーランド (集英社文庫) 麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

by G-Tools

★2つ。

怖い話だと思って読んでたら、
ラストはふつーに“青春小説”でした。

途中のいかにも人を怖がらせるような伏線、
結局あれって何だったの?って、ちょっと納得行かないなあ。

あっという間に終わってしまう高校生活が
いい雰囲気に描かれていて、
ホラーな味付けがなければ単純に面白いと思うんだけど。

六番目の小夜子 (新潮文庫)六番目の小夜子 (新潮文庫)
恩田 陸

図書室の海 (新潮文庫) 球形の季節 (新潮文庫) 月の裏側 (幻冬舎文庫) ネバーランド (集英社文庫) 不安な童話 (新潮文庫)

by G-Tools