★4つ。

主人公は豊臣秀吉の正妻、ねね。
14歳で秀吉に嫁いだねねの生涯を描いています。

永井路子さんの『歴史をさわがせた女たち』のねねは
“強く優しくたくましいオカミサン”でした。
庶民的で、表には出ないが秀吉をしっかり支えた女性。
秀吉の子を産んだ淀君と対立したが、
豊臣vs徳川の争いを静観することによって
最終的に淀君に勝利した、
優しいながらも冷静でたくましい女性。

でも、『王者の妻』のねねは様々な苦しみを感じていました。
秀吉の女癖の悪さ、
夫の出世に伴い自分の置かれる環境までも
変わっていくことに感じる違和感、
権力の座に付き変わってしまった秀吉。
そして淀君に対しては複雑な感情を持ちつつも、
そのために淀君の滅亡を願っていたわけでは決してなく
世の中が平和になることを願っていた…。

『王者の妻』のねねは権力に奢ることなく
庶民的な感覚であり続け、周囲の人への気遣いも細やか。
近くにこんな人がいたら色々相談したりするのになあ、
と思える、とても好感を持てる女性です。
しかし、彼女の苦しみは庶民であったがゆえのもの。
ごくごく普通の人なのに、たまたま乱世に生まれて、
たまたま夫が天下を取ってしまった…という彼女の感覚は
現代の一庶民である自分にも理解できるものでした。

真実の姿は誰にも分からない。
でも、どんな時代に生まれても、人間は人間。
それほどかけ離れたことを
感じたり考えたりしているわけではないのだ、
と『王者の妻』を読むと思えます。

女性が表舞台に現われてこない戦国時代、
でも女性が何も思っていないし
歴史にまったく関わりがないと思ったら大間違い!
という永井路子さんの視点が好き。
男性にも読んで頂きたい小説です。



『王者の妻―秀吉の妻おねね〈上〉』
一介の草履とりから、
ついには天下人となった王者・秀吉。
そして14歳で秀吉に嫁いだ妻おねね。
平凡な夫婦に見えた2人だったが、
地位が上がるにつれ
秀吉の浮気癖と権力欲が
頭をもたげてくるのだった…。
王者の妻となりながらも
庶民的なままであったおねねの姿を通し、
戦国の女性たちが抱える
様々な問題を取り上げた長編歴史小説。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

『乱紋』の中心人物は徳川秀忠夫人・おごう。
おごうに仕える侍女おちかの目線で描かれています。
不思議なほど感情を表さないおごうに対し、
おちかは現代に生きてもそう違和感はない感覚の持ち主。
彼女と一緒に「おごうは一体何を考えているの?」と
不思議になってしまいます。

けれど、壮絶な運命に翻弄される彼女が
何も感じていないわけは無いわけで。

2度目の夫が戦死した時、おちかに言った言葉が
珍しくおごうの感情を表しています。

「私の側にいた方、私をいとしんでくださった方は、みないっておしまいになります」

永井路子さんは付記で
「水が器の形に従いながらも、したたかに存在しつづけるように、
彼女はしぜんに彼女なりの生き方を選びとっていたのではないか」
と語っています。
永井路子さんが描いたおごうは、
すべてを受け入れて生きていく静かな強さを持った女性です。

また永井路子さんは、2人の姉を自己主張の激しい女性として描き
おごうとの違いについて
「戦国時代まで、女性は財産権と、それに裏づけられた発言力を持っていた。
…が、家康の時代になると、急速に女は権利を制約され、
みるみるもの言わぬ存在に変わってしまう。
その象徴的な存在がおごうではないのか。
いわば女性史の分水嶺を越えたところに、彼女は佇んでいるのだ。」
と語っています。
永井路子さん独特の女性の側に立った視線で、
日本の女性が背負った運命の1つの形が浮かび上がってきます。

プライドが高く決して頭を下げないお茶々、
一見卑屈に見えようとも願望のために上手く立ち回って周りを利用するお初、
感情が無いと思えるまでに淡々と全てを受け入れて生きていくおごう。
本当に強いのは一体誰なのか。
「もの言わぬ存在」だった女性の姿を浮かび上がらせて
現代に生きる我々にも感銘を与えてくれる1冊です。



『乱紋』
織田信長の妹・お市の方には3人の娘がいた。
長女お茶々は豊臣秀吉に嫁ぎ、
秀頼を産み淀君と呼ばれる。
次女お初はかつての名門・京極家に嫁ぎ、
再興させようと立ち回る。
そして三女おごうは過酷な運命の果て、
徳川二代将軍秀忠夫人に…。
戦国の歴史を左右した華麗な系譜を描いた大作。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

昔の日本の女性って、こんなにパワフルだったのか!
学生時代に学んだ日本史、活躍するのはほとんど男性。
女性は意志を持たない飾り物…
なんて、とんでもない!
生き生きしていて元気が良くて、
現代の女性も適わないほど。

「できるかぎり資料に忠実であることを心がけ…
 その結果、どうしてもこうなる、
 ということだけを書いたつもりなのですが、
 それがかえって従来の通説とは
 ちがった結論をうみだしてしまったのです」(本文より)

初版は1978年、
その後の研究でまた違ってきていることも。
(この本に書かれた春日局については、
作者自身が別の本で「まったく違った」と書いていたような…)

けれど永井さんの目から見た女性は
欠点もあるけどかわいらしくて、
ただの名前でしかなかった人々が人間らしく感じられます。

世界史が好きな方は、「歴史をさわがせた女たち 外国篇」をどぞ。
こちらは日本の女性以上にスケールがデカイ!
どちらもおすすめです。 



『歴史をさわがせた女たち 日本篇』
歴史をつらつらながめてみると、
日本の女性は案外強い。
篤姫、淀君、北条政子、持統天皇、
清少納言、出雲のお国、紫式部―
日本史上有名な女性33人をとりあげ、
キュウクツな歴史の定説を覆し
のびやかな実像を描きだした女性日本史。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

毛利元就とその最初の妻、
おかたの物語。

戦国時代を必死で生きた夫婦の姿は
学校で習う歴史と違って、人間らしさを感じます。

永井路子さんは歴史資料を身近な感覚で読み込んで、
歴史的人物の新鮮な姿を描いてくれます。

元就もおかたも、
本当にこんな人だったんじゃないかなーって思えて面白いです。

山霧―毛利元就の妻〈上〉 (文春文庫)山霧―毛利元就の妻〈上〉 (文春文庫)
永井 路子


by G-Tools

★3つ。

「山霧」は元就の最初の妻、おかたが亡くなるところで終わり。
でも元就が戦国の覇者となったのはその後のこと。

この本では毛利家がどのように力をつけていったか、
それに女性がどう絡んでくるのかが描かれています。

「山霧」は小説だったけどこちらはエッセイ風。
戦国時代、女性は家のための道具だったかのように思われがちだけど
実はそうじゃない、って視点が納得できます。

女性のほうが素直に読めるかもしれないけど、
男性にも読んでみてもらいたいです。
おんなはけっこう強いのだ。

元就、そして女たち元就、そして女たち
永井 路子


by G-Tools