★4つ。

『チョコレート工場の秘密』感想。で有名な
ロアルド・ダールの『Matilda』、英語で読んでみました。
同じロアルド・ダールでも大人向けの作品は
ちょっと難しい英語だけど、
『Matilda 』のような児童書は比較的簡単だし
何と言っても面白いから最後まで読み切れます。

小学校入学前から数学の難しい問題をすらすらと解き明かし、
新聞も小説もぐいぐい読めてしまう天才少女、マチルダ。
マチルダが理解のない大人たちを面白おかしくやっつける、
痛快で楽しい物語…
なんだけど、それだけとはとても思えなかった。
皮肉たっぷり、色々なことを考えされられる、という感想。

子供に関心の無い両親、凶暴な女性校長。
描写も挿絵もユーモラスだけど、
マチルダの周囲にいる大人たちの子供たちに対する愛情の無さ、
傲慢な態度は冷静に考えると目を覆いたくなるようなもの。
マチルダの賢い仕返しには思わず拍手喝采してしまうけれど、
それってたまたまマチルダが
一般的な子供たちとは違う能力を持っていたから出来たのだ、
ということが心にずっと引っ掛かる。
『Matilda』ではとりあえず
マチルダにとってのハッピーエンドは提示されている。
だけど、人間が自分より弱い立場の人間を虐げる、という
現実にしばしば起こっている問題に対しての
根本的な解決が示されているわけじゃない。

複雑な思いがありつつも、
最後は「マチルダ、良かったね」と思えるのは
彼女がまっすぐな心の持ち主だからだと思う。
マチルダは本当に賢い、と思うのは
数学ができるからでも、効果的な仕返しを考えつくからでもなく、
様々な小説と数少ない優しい大人から
人間として大切なものを学び、吸収していたから。
1番身近で影響力のある両親に対しても、
間違っていることは間違っていると
自分の頭と心でしっかり判断していたマチルダ。

自分は、マチルダの周囲の
ろくでもない大人たちになってしまってはいないだろうか。
そして自分はマチルダのように、圧倒的な権力を持つ何かに対し、
冷静な判断を下し、賢く対処して、幸せを掴むことができるんだろうか。
面白おかしく読めるけど、子供の立場で、大人の立場で、
様々なことを考えさせられてしまう物語でした。



『Matilda 』
マチルダは世にも不思議な天才少女。
3歳になる前に字が読めるようになり、
4歳で有名な文学作品も読みこなす。
彼女を邪魔者扱いする両親、
凶暴な女校長…
高圧的な大人たちに頭脳で立ち向かうマチルダの、
痛快で面白い、けれど
ろくでもない大人たちへの皮肉が
たっぷりこもった物語。

参考:「BOOK」データベース・Amazon商品紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

2005年に公開されたジョニー・デップ主演映画
『チャーリーとチョコレート工場』の原作。

『チョコレート工場の秘密』の最大の魅力はやっぱり、
“世界一おいしいチョコレート工場”!
夢に溢れたチョコレートの作り方、
そしてそこで働く“あるもの”たち、
チョコレート好きにはたまらんっす。

奇想天外なチョコレート工場の秘密と
ドタバタ感が強いストーリーが単純に楽しめます。
ちょっとブラックな展開もあって
“子ども向き”と油断はしてられません。

そして人間描写が実は鋭い!
チョコレート工場のオーナー・ワンカ氏をはじめとした
強烈に個性的な人々。
大人も子供も、どこかにいそうな人の特徴を
思いきり強調して描かれているような感想。
いくらなんでもこんな人はいないだろー、と思いつつも
なんだかどこかで会った気がする…
もしかして自分にも似た部分があるかも?
と思ってしまう。
貧しくても素直で家族思いな少年、
チャーリーの健気さにはホロっときます。
周りの大人たちのチャーリーを思う暖かな気持ちにも。

やさしい英語なので、原作でもわりとスイっと読めます。
講談社英語文庫には巻末に注釈がついているから助かるし。

映画『チャーリーとチョコレート工場』とはラストがちがっています。
ほんわりする映画のラストもいいけれど、
続きを匂わす原作のラストも楽しくって好きです。

※以前に書いた『チョコレート工場の秘密』の感想を書き直しました。



『チョコレート工場の秘密』
チャーリーの家のすぐそばに、
世界一おいしいチョコレートの工場がある。
そのオーナーのワンカ氏が、
5人の子どもを招待することにした!
招待状が入ったチョコレートは
世界中にたったの5枚。
でも、貧しいチャーリーが
チョコレートを口にできるのは1年に1度、
誕生日に1枚だけ…。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

英語ってもしかして簡単かも。
って思わせてくれます。
英語はニガテだけど読書は好きっていう方には
とってもオススメ。

こっちにもっと色々書きました。よろしければご覧下さいませ。
「英検は受かんないと思われる。」(おうちっこ。)

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
向山 淳子

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS) Big Fat Cat GOES TO TOWN Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS) BIG FAT CAT AND THE MAGIC PIE SHOP ビッグ・ファット・キャットとマジック・パイ・ショップ (BFC BOOKS) ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー (BFC BOOKS)

by G-Tools