★4つ。

『ペンギン・ハイウェイ』の舞台は郊外の住宅地、
主人公はとても利発な小学生…
京都の学生をメインに描かれてきた
これまでの森見登美彦さんの小説とは一味ちがう、かもしれない。
それでも、少年の理屈っぽいところや純粋で一途なところ、
いつものダメダメ大学生に通じる匂いも少々感じる、という感想。
この少年が何事もなく過ごし、自分より賢い人がいる…
なんて挫折したりすると
自意識過剰な「いつもの主人公」が誕生するのかもしれない。

けれど、この少年はきっと
「いつもの主人公」にはならないだろう。
気持ちが折れることがあったとしても、
彼には諦めるわけにはいかない夢があるから。

登場人物がそれぞれに魅力的でした。
少年が憧れるお姉さんは
『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』に登場する
羽貫さんを少し思わせる、豪快で賢くて優しい人。
少年の家族や友人も素敵で、リアルで、懐かしい。
彼らと過ごす少年の日々は
素朴な驚きに満ちていて、
自分にもこんなことがあったような懐かしさを感じます。

そんな懐かしい日常がある一方で、
ストーリーはかなりSF的な、不思議な展開。
いつも森見登美彦さんが描いている
日常と自然に混ざり合う異世界とはちがった、
本来我々の日常と交わることのない
完璧なる異世界の存在が大きく描かれています。

日常がとても日常らしいからこそ、
その存在が不思議なリアリティを持って迫ってくる。
少年と一緒にその謎を解明したくなった…
けど、同時に謎が解けてしまうのが怖かった。
悲しい出来事が待っているようで。

そして心配していた通り、ラストは本当に切なかった。
泣き言、甘えごとを言わない少年の
本当の想いが溢れるように伝わってきて。

少年はどんな大人になるのだろう。
人はたいてい大人になるに連れ、
子供の頃の切ない気持ちは薄まっていく。
でも、もしかして彼ならこの切なさをずっと忘れずに胸に秘めて、
夢を追い続けるのかもしれない。
彼の幸せのためにはむしろ、夢は夢として追ったとしても
痛みそのものは薄まればいい、と願いたくなり
でも彼自身はそんなことを決して願いはしないだろう、とも思う。

少年のまっすぐな心が爽やかで、でもとても切なくて、
なんだかきゅっとする読後感です。



『ペンギン・ハイウェイ』
小学4年生のぼくが住む郊外の町に
突然ペンギンたちが現れた。
この事件に歯科医院のお姉さんが
関わっていることを知ったぼくは、
その謎を研究することにした。
未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

参考:「BOOK」データベース


 

★5つ。

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2010年最初の本の感想は、森見登美彦さんの
『宵山万華鏡(よいやままんげきょう)』
思いっきり季節外れですが、
華やかさがどこか新年っぽいかな、とこじつけです。

日本三大祭りの1つ、京都の八坂神社の祇園祭。
7月を通じて行われる長いお祭りのうち、出店が立ち並び、
毎年40万人もの人々が集まる最も華やかな日が7/16の宵山。
『宵山万華鏡』はその夜、現実と不思議の挟間を歩く人々を描いた
連作中篇集です。

宵山の華やかさは人が本来踏み込んではいけない世界と隣り合わせで、
だからこそ奇妙で美しく、少し淋しくて少し怖い。
話ごとにコミカルだったり怖かったりと趣がちがうけれど、
すべては同じ“宵山”という夜の中で起こるできごと。

前の話の主役が次では通行人として登場したり、
最初の話と最後の話が
おなじできごとをちがう角度から見たものだったり、と
『宵山万華鏡』全体で
“宵山”という1つの万華鏡の世界が紡ぎだされています。

奇妙な世界にするっと入っていってしまう登場人物たち。
そこの角を曲がれば、扉を開ければ、
妖しの世界にスッと行ってしまって帰って来られないような、
それでもちょっとその世界をのぞいてみたいような気分に。

祭りのキラキラした華やかさ、
馬鹿馬鹿しいことに怖ろしく真面目に取り組む
情けなくも愛おしい学生たち、
日常のすぐそばに奇妙な世界への入り口が
ぽっかりと開いているような緩やかな恐怖…
森見登美彦さんが描くエッセンス、
すべてがぎゅっと凝縮されているかのよう。

中篇どうしのつながりはもちろん
いつものように別の小説ともリンクしているのも楽しい。
現実と不思議の挟間を思う存分楽しめて、
今まで読んだ森見登美彦さんの本の中でも相当お気に入りになりました。
 
“祇園祭宵山”がどういったものかよく知らずに読みましたが、
華やかな夏祭りの雰囲気をたっぷりと楽しみました。

真冬に読んじゃったけど、宵山の季節にもう1度読みたい。
そして宵山、ぜひ行ってみたくなりました。
奇妙なものと出逢ってしまいそうで、かなりドキドキしそうだけど。



『宵山万華鏡(よいやままんげきょう)』
祇園祭宵山の京都。
熱気あふれる祭りの夜には、
現実と妖しの世界が入り乱れ、
気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。
幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、
失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。
くるくるとまわり続けるこの夜を
抜け出すことは、できるのか。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

京都の大学から遠く離れた実験所に飛ばされ、
寂しいけれど素直にそれを言えないでいる主人公、守田一郎が
色々な人に手紙を書きまくっています。

手紙を出す相手によって守田一郎の立ち位置が
微妙に変化している様子が生き生きしていて面白い。
演じている訳ではないけれど、接する相手によって
少し自分が違っていることってよくある気がします。
ただし守田一郎の場合、
格好つけようとしていることが周囲にはバレバレ。
そこが憎めなくて、笑ってしまいます。

手紙を書くのは恋文の技術を会得するため、と言いながら
本当に気持ちを伝えたい相手にだけは
なかなか手紙を書けないのがいじらしくてちょっと可愛い。
モテなくて、情けなくて、妄想で頭がいっぱい、
それでもどこか可愛げのある男子学生の孤独な青春…
相変わらずの森見登美彦節!

『恋文の技術』は、
すべて守田一郎が書いた手紙で構成されていて
相手からの返事や説明文などはありません。
だけど、何が起こったか、
相手が守田一郎ををどう思っているか、など
なんとなく分かるのが森見登美彦さんの上手いところ。

手紙だからか、森見登美彦さんの小説でおなじみの
日常からスッと移行する奇想天外なことは
起こっていないようです。(本当は起こっているのか?)
何か起こるかなー、と思いつつ読んでいたので
ちょっぴり物足りない感はあるけれど、
いつもの情けないけど可愛げのある男の、
妙に格式ばった言い回しに笑える面白さは十分に味わえます。

ラストのスッキリ感や明るさ、全体的な雰囲気は
同じ森見登美彦さんの小説でも
『夜は短し歩けよ乙女』のほうが好き。
『恋文の技術』は森見登美彦さんの文体が好きなら楽しめる、
そうじゃなければ全く面白くない、と分かれそう。
初めて森見登美彦さんの小説を読むなら
ちがう本がいいのでは、と思いますが
好きな人なら『恋文の技術』もくすくす笑えて楽しめます。



『恋文の技術』
京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた
男子大学院生が一人。
無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して
京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。
手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、
妹に説教を垂れ―。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

“小説家”という職業だけでは心もとない。
竹林経営の第一人者となることを夢見て(妄想し)、
森見登美彦さんが竹を刈る…ただそれだけの話、なのに
なんだってここまで妙なことになってしまうのか。

小説と同様、エッセイでも妄想大炸裂!
格調高い文章で
大真面目にを阿呆を語る森見登美彦さんに、
ばっかだなあ、この人、とクスクス笑いつつ
愛おしさすら感じてしまう。

万城目学さんのエッセイ『ザ・万歩計』を読んだばかりなので
違いを考えてしまいます。
日常のささやかなことに面白さを見出す万城目学さんに対し、
『美女と竹林』は現実と妄想の境目があいまいで
読んでるほうも半分(以上?)ウソと知りつつ楽しめる。
エッセイというよりも、
森見登美彦さん自身(によく似た人)を
主人公とした小説、というイメージのほうが近いような感想。

エッセイを読む楽しみの1つに
小説では分からない作家さんの素顔が
垣間見えることがあると思いますが、
『美女と竹林』では
森見登美彦さんの素顔はさっぱり分からない。
竹林への不思議な愛情と、
締切に苦しんでいるらしいことは
生々しく伝わってくるけれど。
じわじわ笑える森見登美彦節を楽しむならば面白い。
私は森見登美彦さんの文章そのものが
クセになってしまっているのでかなり面白かったです。

エッセイすらも妄想ならば、
もうとことん妄想の世界で楽しませて欲しい。
今年1月に竹林でかぐや姫もどきを発見し、
独身貴族の地位を引責辞任された森見登美彦さん。
きっとさらにパワーアップした、
さらにハッピーな妄想で魅せてくれるでしょう。



『美女と竹林』
美女に会ったら伝えてくれ。
俺は嫁を大事にする男だと。
妄想と執筆に明け暮れた、
多忙にして過酷な日々。
森見登美彦氏を支えてくれたのは、竹林であった。
美女ではないのが、どうにも遺憾である。
虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、
人気文士の随筆集。

参考:「「BOOK」データベース


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

“天然”という言葉すら超越した素直さで、
身の危険には“おともだちパンチ”で立ち向かう闘志を持ち、
“オモチロイこと”に無我夢中になる強い好奇心があって、
お酒を飲ませればまさしく底無し。
強烈なインパクトの持ち主なのに
自分が個性的だなんてちっとも思ってない、
「黒髪の乙女」がとってもかわいいっ。

そして「黒髪の乙女」に恋してしまった「先輩」は
男臭い妄想にどっぷり浸りながらも相当純情。
“ロマンチック・エンジン”が稼動してしまうともう止まらない。
古本市で彼女と同じ本に手を伸ばして、
なんてコテコテな妄想を真剣に考えている「先輩」、
ヘンな人だけどやっぱりなんだか可愛げがある。

『夜は短し歩けよ乙女』
「先輩」と「黒髪の乙女」が代わるがわる語る構成。
どちらも森見登美彦節、
格調高い言葉でばかばかしいことが大真面目に語られていて、
じわじわ笑えて癖になってしまう文章なのです。
日常からいきなりファンタジーに飛んでしまう不思議な世界、
唐突に感じて戸惑うところも。

それでもこの文章、この世界、この癖がなんとも好きです。
第1章から第4章、春夏秋冬と過ぎた1年。
それぞれの季節感が
ありありと感じられるのもいいところ。

1年を過ごした「先輩」と「黒髪の乙女」、
彼らの今後もちょっと気になるところです。



『夜は短し歩けよ乙女』
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。
「偶然の」出逢いは頻発した。
我ながらあからさまに怪しいのである。
「ま、たまたま通りかかったもんだから」
という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、
彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。
「あ!先輩、奇遇ですねえ!」
キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い