★5つ。

小夜のもとに届いた手紙は本物のもみじ。
人形しばいうさぎ座は、本物のうさぎによる人形しばい…。

大好きな安房直子さんの童話に、
これまた大好きな味戸ケイコさんの絵による絵本。
透明感がある味戸ケイコさんの繊細な絵は
安房直子さんの世界観に似合いすぎ。

たとえ挿絵がなくても安房直子さんのお話を読むと
味戸ケイコさんの絵が浮かんでしまう私にとって
『うさぎ座の夜』はどちらも思いきり楽しめる素敵な絵本です。

うさぎからもみじの手紙が届いても
それを特別に不思議なこととは感じていない
小夜や、小夜のおばあちゃん。
強く触れると壊れそうに繊細で、
それでいてしっかりと地に足を付けて生活をしている人々や、うさぎ。

『うさぎ座の夜』のように、さりげなく異世界に行ってみたい。

安房直子さんのお話に時々見られる
独特の淋しさ、怖さは少し薄れていて子供向きかも。
でも、人間の行動を反省させるうさぎの言葉があったりして
子供だましではない、という感想。
大人にも子供にも読んでもらいたい絵本です。



『うさぎ座の夜』
小夜は山ふかい小さな温泉宿の一人娘です。
友だちは山の鬼の子やてんぐ、
風や木とも話ができます。
小夜はやまんばの子なのでしょうか。
そんな小夜のもとに
人形しばいうさぎ座から手紙がきました。
まっ赤なもみじの葉の手紙でした。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

小学校の教科書で読んだ「きつねの窓」、
中学校の教科書で読んだ「鳥」。
印象に残っていた2つの話が
同じ作者だと気づいたのは高校生の頃でした。
この本にはその2つを含めた、12の話が載っています。

「きつねの窓」ではききょうの青、
「ある雪の夜の話」では真っ白な雪野原の上の真っ赤な林檎…
美しい色が印象的なものが多いです。
けれどどんなに鮮やかでも、どこか透明感がある。
それは、私たちがいる場所とは違う世界の色だからかも。

安房さんのお話はどれも、異世界にそっと連れて行ってくれます。
違う世界と、人間との交わり。
それは時にほんの一瞬で2度と出逢えず、
時に帰れなくなってしまい、
切なかったり淋しかったり、少し怖い時も。
それでも、すべてを優しさが包んでいるから、どこか心が暖まる。

味戸ケイコさんの絵は美しいけど切なくて淋しくて、
安房さんのお話にぴったりで大好き。
この本では挿絵はあまりないけれど、絵と話が一体となって
とても印象深いものになっています。 



『南の島の魔法の話』
あたしの耳にはいってしまった、
たいへんなものをとってください…。

耳のお医者さんのところに駆け込んで来た少女。
お医者さんが見た、たいへんなものとは…。(「鳥」)
不思議な世界にそっと連れて行ってくれる、
幻想的な短編集。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い