★5つ。

卓上織り機で手織りをする人のための本。
縮絨の詳しい方法や、房を残さない時の端の処理、
本格的な手織り機を用いた本に説明は載っているけれど
卓上織り機ではどうなるの??
と思っていた組織図についてなど、
ここが知りたかった!ということが詳しく書かれていてうれしくなります。

卓上織り機でできる技法はすべて分かるのでは、
と思うほどたくさんの技法。
まだまだ卓上織り機でできることが
たっっくさんあるのが分かってワクワクします。

載っている手織り作品、さりげなくてとっても好み。
写真もきれいで、センスの良いインテリアか
雑貨の本のようで楽しい。
その分、最初のほうの写真以外は白黒だったのがちょっと残念。
スワッチ写真もカラーのほうが分かりやすかったと思うのですが。

作品数は多くは無く、
技法の数が多いためか説明も細かくはありません。
でも織り機の使い方はとっても詳しく載っているし、
手織り初心者から経験者まで
手元に置いて長~く参考にできる、という感想。

ちょっと手織りをやってみて、
オリジナルの作品を作りたい、
でもどの技法を使えばどんな布ができるのやら…
これ以上複雑な模様や作品は
本格的な手織り機でないとできないのかな…
と思っている人にピッタリの本。

著者の福井雅己さんは糸を販売する㈱アヴリルを設立した方。
使っている手織り機も糸もアヴリルのもの。
手織り機は私が使っている
「織美絵(オリヴィエ)」でも問題なく使えます。
アヴリルの糸はホント、素敵なものがいっぱい…。
取扱店に行くと目移りしていつも困るのです。

手織りに興味が無い方にはまったく関係ないけれど、
興味がある方には超がつくほどおすすめです。



『暮らすように織りを楽しむ
―手織りの技法と素材の本
(創作のヒント! レッスン 3 手織り編)』


小さな卓上織り機でもここまで織れる!
27の技法を創作のヒントになる
作品やスワッチで紹介し、
織り方から仕上げ方までぎっしり詰め込みました。
作品は全てアヴリルの糸を使って
暮らしに役立つ実用的な作品で紹介しています。

参考:AVRIL Web

★4つ。

前々から手織りをたしなんでおります。
そのヘンの話は別ブログ織美絵びより。(現在休止中。)に色々と。

『あこがれの手織り―初めてでも織れるレッスンつき』
まだ手織りを始める前、
「やってみたいよう」とじたじたしている時に購入した本。
作りたい、という意欲が湧く素敵な作品の数々を見て
やっぱり手織りやろう!と決意を固めたのであります。

テーブルセンターやクッションカバー、
ランプシェード、バッグ、マフラーなどなど。
日常生活でさりげなく使える、
シンプルだけどちょっとひねりがある作品。
手織りのデザインを考える時、いつも参考にしています。

卓上機「織美絵(オリヴィエ)」の使い方も詳しい。
本だけで覚えるのはやっぱりなかなか難しいけれど、
織美絵(オリヴィエ)を1度習った人が
「あれ?どうだっけ?」と思った時にはとっても助かります。
ノット織りやマット織りなど、
ちょっと変わった織り方のポイントは
織美絵(オリヴィエ)以外の卓上機でも参考になりそう、という感想。

手織りを始める前、始めた後、
どちらの人でも参考になる本。
手織りに興味があれば、見たら始めたくなっちゃいます。

この本を見て手織りを始めたわたくしは勢い余って
手織りネットショップ-手織り工房まつり。-を
作ってしまったのでした。
現在休止中ですが、手織りはささやかに続けてます。
楽しいよん。



『あこがれの手織り―初めてでも織れるレッスンつき』
卓上機「織美絵(オリヴィエ)」と
市販の糸を使って、もっと軽やかに
織りの世界に触れてみませんか?
「しつらえる」「かざる」「よそおう」「まとう」にわけて、
写真やイラストで
わかりやすく織り方・作り方を解説。

参考:「MARC」データベース