・からまる ・眠りの庭 千早茜

★3つ。

千早茜さん、『魚神』以来、久しぶり。
2冊続けて読みました。

『からまる』
 あれ、千早茜さんてこんなんだっけ?というのが最初の印象。

 『魚神』は最初から最後まで妖しく美しい世界のイメージだった。
 『からまる』は、登場人物たちの夢の情景などの
 美しくも不穏なイメージから入って行って、
 あ、こんな感じだったな、と読み進んでいくうちに、
 その妖しい世界はあくまで登場人物たちの
 生活のほんの一部であることが分かってくる。
 描かれているのは、
 わりとしっかり普通に生きる普通の人の日常の情景。

 連作短編で、主人公たちはほかの主人公とどこかで関わっている。
 人と深い関りを持つことを避けて生きている登場人物たちは、
 孤独だけれどどこか明るさがあり、
 決して絶望しているわけではないように感じられた。
 ふと揺らぐような妖しさはずっとあるけれど、
 希望に向かっているようなラストで、
 予想外だったけれどこれはこれで心地よかった。


『眠りの庭』
 あ、やっぱりこういう感じ、と思った。
 最初の千早茜さんのイメージ。

 どこか美しく、でも不穏で、
 希望があるような無いような、
 あって欲しいようなあり得ないような。

 二部で成り立つ連作。
 一部と二部の間に起こったことは想像するしかなくて、
 ぞわぞわしながらあれこれと考えてしまう。
 決して健全ではない、けれどちょっと嵌ってしまう、
 後ろめたいようなだからこそ楽しいような感覚がある。

 登場人物たちで、自分と近いと思える人はいないのだけれど、
 彼らの哀しみ、なんとか生き抜こうとする苦しさは感じる。
 幸せ、とまではいかなくても、
 彼らに穏やかな日々があればいい、と願いつつ、
 それは無理なような予感もあって、
 彼ら自身それを望んでいるのかも分からないような不気味さもあって。
 ラストシーンの後、彼らはいったいどうなったのだろう…と
 ふと思うことがこれからもある気がします。


微妙にちがう味わいの2冊、
どちらもあやうい美しさがあって、
『魚神』のイメージはやっぱりありました。
ほかの小説はどんな感じになっているのだろう、
『からまる』のような明るさがもっと出てくるのか、それとも?
気になるところ。




『からまる』
生きる目的を見出せない公務員の男、
自堕落な生活に悩む女子大生、
クラスで孤立する少年…。
”いま”を生きる7人の男女を描いた、
7つの連作集。

参考:「AMAZON」内容紹介





『眠りの庭』
女子校の臨時教員・萩原は、
美術準備室にあった少女の絵に惹かれる。
それは彼の恩師の娘・小波がモデルだった。
やがて萩原は、小波と父親の秘密を知ってしまう。
(「アカイツタ」)
同棲する澪の言動に不安を抱いた耀。
彼女を尾行すると、そこには意外な人物がいた。
(「イヌガン」)
過去を背負った女と、囚われる男たち。
2つの物語が繋がるとき、
隠された真実が浮かび上がる。

参考:「BOOK」データベース

 

※ベーグルのご予約・お取り置き・冷凍便のお申込みは、TEL&FAX(011-736-2427)のほか、
ツイッターでも承ります。


ブログ村 投票♪
↑2つのブログランキングに参加中↑
よろしければ クリックお願いします。

魚神(いおがみ)千早茜

★4つ。

第21回小説すばる新人賞受賞。
千早茜(ちはやあかね)さんの『魚神(いおがみ)』は、
閉ざされた島を舞台とした物語。
幻想的だけれど分かりづらい文章ではなく、
思ったよりするっと読めました。

「遊郭」という言葉からなんとなく江戸の頃を想像していたけれど
「温暖化」なんて言葉も出てくる。
今の時代、今の日本に近い場所の話なのかもしれない、と
島がすぐそばにあるかのような不思議な気分になりました。

遊郭に生きる遊女たち、
生ぬるい水に潜む魚とそれを取って暮らす人々、
島の住人さえ近づかない裏華町。
島の猥雑さと諦めを含んだ空気が濃厚に感じられます。
退廃的な綺麗さに魅せられる…けれど、
“耽美”という言葉はちがう気がする、という感想です。

語り手である美貌の遊女・白亜が
何も感じずに生きているためか、
様々な事件が起きているのにも関わらず
なぜかひっそりと静かな印象。
水底から地上の世界を見ているような。

どこまで自分でどこまで相手か分からぬほどに
寄り添って育った姉弟、白亜とスケキヨ。
「スケキヨは、他の人と心の造りが違うのよ」
と語る白亜の言葉に、スケキヨの
「魚の目を覗いてはいけないよ。人間とは心の造りが違うのだから」
という言葉が思い出される。

人とは心の造りが違うスケキヨも
何が起きても心を動かされることの無い白亜も、
現実味がほとんど感じられない。
島に語り継がれる魚神(いおがみ)の伝説が
スケキヨと白亜の姉弟に重なり、2人とも魚のように、
地上で騒ぐ人間達を水底からただただ見ているかのよう。

お互い、求めるもの、心を動かされるものはお互いだけで。
その水底はひっそりと静かだけれど、
周りにある水は澄んだ美しいものではなく
生ぬるくて体にねっとりとまとわりつくような感覚がある。
その感覚が本全体を通して感じられ、
読んでいる自分も水底から
島をのぞいているような気分になりました。

事件は色々と起こり、
様々な人々のどろどろとした想いが描かれている。
それなのに、読了後の印象はあくまでも静かなもの。
その奇妙に重い静けさこそが千早茜さんの持ち味なのか。
他の作品も読んでみたいと思いました。



『魚神(いおがみ)』
生ぬるい水に囲まれた孤島。
ここにはかつて、
政府によって造られた一大遊廓があった。
捨て子の姉弟、白亜とスケキヨ。
美貌の姉弟のたましいは、
惹きあい、そして避けあう。
ふたりが再び寄り添うとき、島にも変化が…。
第21回小説すばる新人賞受賞作。

参考:「BOOK」データベース


※ベーグルのご予約・お取り置き・冷凍便のお申込みは、TEL&FAX(011-736-2427)のほか、
ツイッターでも承ります。


ブログ村 投票♪
↑2つのブログランキングに参加中↑
よろしければ クリックお願いします。
ベーグル焼いたり、本読んだり。

初めまして、ようこそお越しくださいました。 「ベーグル屋 ここのわ」のちっさい方です。

るん

備忘録といいますか、
読後に自分の中に湧く気持ちを言葉にして、
ついでにブログにしてみました。

北海道 札幌市北区の手ごねベーグル専門店
「ベーグル屋 ここのわ」ホームページはこちら

Instagram(インスタグラム)はこちら

つぶやき
本のおすすめ度カテゴリー

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ