★5つ。

いしいしんじさんの物語には、いつだって優しさがあふれている。
その優しさは、大切なものを失う悲しみや、
それでも立ち上がり歩いていくたくましさ、
自分が自分であることの苦しみ、喜び、
そういったものがすべて詰まった、ほんとうの優しさだと思う。

『麦ふみクーツェ』の語り手は
「ねこ」と呼ばれる少年。
自分を「変てこ」だと感じ続けている「ねこ」には、
彼にだけ見える存在、クーツェがいた。
とん、たたん、とん、と不思議なリズムで大地をゆっくり踏んでいくクーツェ。

具体的なことは何ひとつ語らず
ただ自分のリズムで麦ふみを続けるクーツェは、
上手く周囲のリズムに乗れないねこに、
そして読者に、許しを与えてくれている。
変てこでもいいのだ、そのままで生きていていいのだ。
自分のリズムを守って、自分の音を奏でることが大切なのだ、と。

「ねこ」の周囲の人々は、みなどこか変てこ。
彼らが自分だけのリズムで歩く姿は
あまりにも真面目で、真面目すぎて、時に滑稽にすら見える。
その生き方は時に辛いけど、
みんなが違うリズムで歩んでいて、
一人ひとり違う音を出していて、それは素敵なことなのだ。
みんなが違う音を出しているからこそ、合奏は楽しく、美しくなるのだ。

 「合奏は楽しい」
 …なにかにつながっていること、
 それをたしかめたい、信じたいがために、
 音楽家はこれまで、そしてこれからも、
 楽器を鳴らしつづけるのかもしれない。
 (P459)

一人ひとりがちがうからこそ、一人ひとりが孤独だからこそ、
つながることが大切で、美しくて。
いしいしんじさんの物語には、そんな真実が優しく、そっと語られている。

自分は変てこなのではないか、みんなと足並みが揃ってないのではないか。
もしかして、みんながそんな風に感じているのかもしれない。
自分から見たら足並みが揃っているように見える、周囲の人々、
その人たちも一人ひとり、
自分は変てこだ、リズムが揃わない、と思っているのでは。

とん、たたん、とん。
滑稽でも、笑われても、自分のリズムを刻むこと。
人生における喜びも、悲しみも、喪失感も、すべてを抱えて、
ひたすらに自分の歩くべき道を歩くべきリズムで歩くこと。
『麦ふみクーツェ』には、生きるうえでの大切なこと、
生きづらく感じる人にとって1つの救い、指標となることが
描かれている気がします。

クーツェのように、ねこのように、
自分のリズムで歩いてみようか、と思える。
真面目に、滑稽なほど真面目に、
とん、たたん、とん、と。




『麦ふみクーツェ』
ある真夏の夜、ひとりぼっちで目覚めたぼくは、
とん、たたん、とん、という不思議な音を聞く。
麦ふみクーツェの、足音だった。
―音楽家をめざす少年の身にふりかかる
人生のでたらめな悲喜劇。
悲しみのなか鳴り響く、圧倒的祝福の音楽。
坪田譲治文学賞受賞の傑作長篇。

参考:「BOOK」データベース


★4つ。

いしいしんじさんの文と、植田真さんの絵。
“絵本”というイメージではないけれど、
『絵描きの植田さん』
文章と絵の両方で織り成されている物語です。

不幸な事故に合ってしまった絵描きの植田さん。
自分の世界をそっと築き上げ
静かに暮らす植田さんの姿からは一見、
その苦しみや哀しみは感じられません。
でもそれは、植田さん自身も
自分がどれだけ傷つきどれだけ心を閉ざしているのか
気づいていなかったからかもしれない、という感想。
植田さんが自分の心を知った時、
その傷が深い深いものであることに
読んでいるほうも気づいて胸が痛くなりました。

けれど同時に、
植田さんの周りの人々の優しさにも気づくことができました。
自然に植田さんと心を通わせる少女、メリや
無骨だけど人を思いやる心に溢れたオシダさん。
すべての人たちが暖かい。
単なる“いい人”じゃない、悪い部分もいっぱい持ってる。
でも、打算が一切入らない、
ただただ相手のことを思う真の優しさを持った人々。

登場人物の植田さんと、実際に絵を描いた植田真さんは
別の人物であるようですが、
その絵は“絵描きの植田さん”が描いた絵として現われます。
深い雪と凍った湖に閉ざされた村の真冬の白さと、
だからこそ分かる世界の美しさが絵から、
本の装丁全体から伝わってきて、
「私たち、こんなすばらしい世界に住んでるのよ!」
というメリの言葉が心に沁みる。

いつも優しい奇跡が起こるいしいしんじさんの物語と
植田真さんの絵がぴたりと寄り添い、
じわっと心を暖めてくれました。



『絵描きの植田さん』
ツノジカ、白テン、ナキウサギ、
マヒワ、ツグミ、キレンジャク…
高原の小さな村に絵描きの植田さんは住んでいる。
かつて悲しい事故にあった植田さんの心は、
いつもしんと静かだ。
ある日、凍りついた湖を渡って、母と娘が越してくる。
娘メリのすなおさは
植田さんの心を溶かしてゆくが…。
植田真の絵が扉をひらく奇跡のような物語。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

『ぶらんこ乗り』に続き、いしいしんじさんの本2冊目。
まだ2冊目だけど、いしいしんじさんの描く物語には
なんて優しさが溢れているんだろう、という感想です。

嘘をつく優しさ。
だまされてあげる優しさ。
自分の哀しみを相手には一切見せず、感じさせず、
ただ相手の心を救うこと、喜びとなることだけを願い
自分の身を削ってまでつく嘘と、
知っていてもその嘘をただやわらかく受け止めること。
ほんとうの優しさって、きっとこういうものだ、と思う。

工場からの煙で星が見えない村のプラネタリウムで
生まれ育ったふたごと、ふたごを育てた泣き男。
『プラネタリウムのふたご』では
彼らや村に起こるできごとがゆっくりと描かれています。

こうなればいい…と願っていた結末にはならず、
切なくて仕方がなかった。
それでも、その切なさも苦さも含め、
この世はなんて優しさに満ちているんだろう。
哀しいできごとに出会ってしまった人々の
ほんとうの優しさに圧倒される。

 「ほんものを見る、ってのもな、むろん大切なことだよ」
 泣き男はつづけた。
 「でも、それ以上に大切なのは、それがほんものの星かどうかより、
 たったいま誰かが自分のとなりにいて、
 自分とおなじものを見て喜んでいると、
 こころから信じられることだ。
 そんな相手が、この世にいてくれるってことだよ」

事実か嘘か、なんてどうでもいいことなのかもしれない。
真実がそこにあるのかどうか。
それに心を打たれるか、
その気持ちを分け合える誰かがいるか。

ふたご、泣き男、老女、テオ一座の人々、猟師たち、村人たち…
切なさも苦さも飲み込んでなお自分の足でまっすぐに立ち、
決して折れない強い優しさに溢れた彼らは、
周囲や悲しいできごとに左右されたり折られたりしない
真の幸せを持っているのではないのかな。

人はみな、目には見えない6本目の指をつなぎあっている…
と本の中で語られているように、自分もまた6本目の指で
優しい人たちとつながっている、と信じられる物語です。



『プラネタリウムのふたご』
だまされる才覚がひとにないと、
この世はかさっかさの世界になってしまう-。
星の見えない村のプラネタリウムで拾われ、
彗星にちなんで名付けられたふたご。
ひとりは手品師に、
ひとりは星の語り部になった。
おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

高山なおみさんの『たべるしゃべる』に登場していた、いしいしんじさん。

「…人は、心が動いた時、体の中に実感の固まりができる。
…『ぶらんこ乗り』でいしいさんは、
その固まりにあまりにぴったりな言葉を当てがった。
…子供のころから、私の探していた“ほんとう”が、
本から溢れ出て、寒天みたいに部屋の中を覆っていた。」

『ぶらんこ乗り』を紹介する高山なおみさんのこの感想を読んで
ぜひとも読まないと!という気持ちに。
『ぶらんこ乗り』を紹介するのに、
これこそ“ほんとう”の言葉のように思います。

今はもういない、弟のノートを読む“私”。
幼いけれど特別な存在だった弟の淋しさ、
必死でこの世に伸ばしていた手、凛とした孤独な決意。
ひらがなばかりのノートに、それらのものが溢れている。
「さみしい」「かなしい」なんて直接的な言葉はほとんどなくても。

いつの間にか、姉と同化して弟のノートを読んでいました。
弟の孤独に気づけなかった心の痛み、
その痛みを受け止める姉もまた孤独で。
だけど、弟がノートに書いた物語に登場した
ぶらんこ乗りの夫婦のように、孤独でも、一瞬でも、
また手をつなげると静かに待つ姉。
読んでいる私も姉の気持ちで、静かに弟を待っていました。

現実の世界と向こう側の世界、
どちらの物語でもなく、どちらの物語でもある。
ぶらんこに乗って2つの世界を行き来する弟。
そのノートを通して覗き込んだ向こう側の世界は
静かで、少し怖くて、少し魅力的。
読み終わった後も、向こう側の世界の風景が
自分の中にしっかりと静かに存在している気がしています。

自分自身の芯に近い部分に刺さってくる感覚がありました。
何度も読み返してしまう本になりそうです。



『ぶらんこ乗り』
ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。
声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。
もういない、わたしの弟。
―天使みたいだった少年が、
この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。
残された古いノートには、
痛いほどの真実が記されていた。
物語作家いしいしんじの誕生を告げる
奇跡的に愛おしい第一長篇。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い