★4つ。

エッセイにも何度も猫の話が出てくる、
猫好きの村上春樹さんが訳した絵本 『ポテト・スープが大好きな猫』
おじいさんと猫の、そっけないようでいて
本当はお互いに大切に思い合っている
いい雰囲気がじわんと伝わってきます。

文章も絵も、猫好きな人が書いたんだなあ、という感想。
気まぐれで人に媚びないけれど
かまわれないとちょっとスネちゃう、
猫のわがままなかわいさがよーく描かれていて
猫好きにはもうたまらんです。
「この猫のことがけっこう気に入っているのですが、
そんなそぶりは、ほとんど見せ」ないおじいさんがまた素敵。
愛想も人付き合いも良くないけれど、
実はユーモアセンスもあって優しい。

絵もストーリーの雰囲気に似合っていて魅力的。
寂しいシーンはドキッとするほど寂しく、
のどかなシーンはやわらかい空気感があって、
おじいさんと猫との静かな生活を伝えてくれます。

村上春樹さんの文章は独特のリズムが心地いい。
訳者あとがきでは、文章の中には入りきらなかった
英語のニュアンスが説明されていて
それもまた楽しかったです。

そして猫ばかの私には、この雌猫が
うちの猫と同じ種類・メインクーンに見えて仕方ない。
メインクーンのレッドタビーという毛色の猫にちがいない!
って勝手に盛り上がっております。

愛猫るん君。

表紙の絵に似てる写真を選んでみましたが、
いかがでしょうか似てないでしょうか?
ちなみにこの子はブルータビー。




『ポテト・スープが大好きな猫』
テキサスの田舎に、
おじいさんと雌猫が住んでいました。
ねずみも捕らずのんびり暮らす猫の好物は、
おじいさんが作るポテト・スープ。
気難しいけど通じ合える、
そんな年取った雌猫の魅力に、
あなたも浸ってみませんか。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

吉沢深雪さんの『うたたね村の不思議なじゃがいも』
とにかくイラストがかわゆいのです。
表紙のゆるゆるとした猫たち、
ページを開くとそれぞれがいい味出してる
18匹のねこさんたちののんびりとした暮らし、
猫好きならば無条件に惹かれる。

18匹のねこさんたちは「キャットチップス」というキャラクター。
マグカップ、時計、バッグなどなど
色んなグッズがあるみたい。
作者の吉沢深雪さんはイラストやエッセイで活躍している方。
キャットチップスの絵本は2冊出ているらしいけど、
もっと続編を望みます。

小さな島ののどかな村で、
魚を取ったり昼寝をしたりしながら
幸せに暮らしているねこさんたち。
ゆるゆるした絵がかわいくて、眺めてるだけで幸せ気分。
不思議なじゃがいもで作ったフライドポテトは
ほんとに美味しそうで今すぐ買いに行きたくなります。

こんな村でねこさんに囲まれて、ゆっくりのんびり暮らしたい。
もちろん、うちの猫も一緒にね。



『うたたね村の不思議なじゃがいも』
18匹のねこの兄弟は、
フライドポテトづくりの名人だった!
サバ、ジョニー、はな吉、ミケ…
マイペースのねこたちが
フライドポテト屋をはじめたら…!?
おいしいフライドポテトのレシピ付き。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

ひとり暮らしで猫を飼う指南書、というか絵本。
実際に飼う時にはもっと詳しい本が必要かも。

でも「猫好きだけど飼ってない」人がこの本を見ると、
今すぐ飼いたくなっちゃうキケンな本です。

絵がかわいくって
あったかい気持ちになれますよ。

猫としあわせふたり暮らし猫としあわせふたり暮らし
小泉 さよ

猫ぱんち―二匹の猫との暮らし まったりゆるゆる猫日記 和の暮らし 猫の話 猫と暮らせば

by G-Tools

★5つ。

とっても有名な絵本。
子供の頃、友達の家で読んだのが最初。

その時はよく意味が分からなくて、
でもなぜかずっと印象に残っていました。

大人になってもう1度読んで、
「こんな話だったのか…!」と衝撃を受けました。

心の奥深くに染み通ってくるようなお話。
 
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
佐野 洋子

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋) しろいうさぎとくろいうさぎ ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋) 手ぶくろを買いに (日本の童話名作選) きみのかわりはどこにもいない

by G-Tools