★4つ。

人情味のある暖かさと、
深刻な様相を見せる事件。
2つが軸になっているところは「しゃばけ」と共通しているけれど
こちらのほうが若干、暗いほうに傾いている印象。
妖怪が出てこなくて事件に絡んでくるのがすべて“人間”だからかな。

弓月が夢告の度に血を吐いたり、描写も少し生々しい。
でも、のんびり屋の兄としっかり者の弟の互いを思う気持ちは
やはり畠中さんらしい暖かみが感じられます。

ラスト付近で話は大きく展開。
事件を解決するだけではなく
幕末という社会が激しく変わっていく時代に人はどうあるべきか、
といったところにまで話が及んでいきます。
そこまで話が大きくなるとは思っていなかったので少々驚きましたが、
諦めて投げやりになるのではなく変えられないものを受け入れ、
その中で生きる希望や喜びを見出そうとする人々の姿は好ましい。

ほのぼのした「しゃばけ」シリーズもよいけど、
このくらい暗いの、けっこう好み。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




江戸にある小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。
弓月には夢で真実を見る「夢告」の能力があるが、
見たいものを見ることができず
いまいち役に立たない。
しかしその能力を頼り、とある依頼が舞い込んだ。
やむにやまれず引き受けたのだが、
事件は思わぬ展開に…。
依頼は解決できるのか、
そして、果たして兄弟は無事に帰れるのか。

参考:「BOOK」データベース 『ゆめつげ』

★4つ。

時代物でお馴染み、畠中恵さんの現代物。
連作短編集です。

缶を開けると起こるのは、開けた人にとって直視したくない現実。
見たくないものを見てしまう「不幸」、
でもそれを乗り越えることで幸福に近づけるという「幸運」。

酒場の店長と常連客たちの距離感が心地いい。
口が悪くてお互いからかったり喧嘩したり、
けれど本当は心配し合って、“不幸な幸運”を乗り越える手助けをするのです。
普段は干渉し過ぎずに困った時は手を差し出す、
大人の友人関係がほんのり暖かい。

畠中さんは2冊目、時代物のほうが人気があるようですが
全体に流れる暖かさは「しゃばけ」とも共通してる印象。

開けた人がどうなるのか、常連客たちと一緒に心配する気持ちに。
短編だからか、解決法にちょっと無理があるな、と感じる話もあるけど
全体として暖かく心地よく読めました。

「酒場」という名の酒場、クセモノばかりだけどちょっと行きたい。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




ちょっとひねくれているけれど
料理自慢で世話好きな店長のいる
「酒場」という名の酒場。
店長の娘やクセモノ常連客が、
100円ショップで売っている
「とっても不幸な幸運」という名の缶を開けていく。
開けると起こるちょっと不思議な出来事は
開けた人の運命をちょっと変えてしまう…。
缶の中にあるのは「災い」?それとも「幸せ」?

参考:「BOOK」データベース
『とっても不幸な幸運』

★4つ。

時代物はそんなに読みませんが、妖怪ものはけっこう好き。
人とはちがった論理で存在する“妖怪”に何か興味があるのですな。

この話に出てくる妖怪たちは人情味あふれてなんだかかわいい。
ずっと若旦那に付き従う2人(2匹?)の大妖怪は
心配するあまり超過保護。
小さくていっぱいいて若旦那に褒めて欲しくてたまらない家鳴、
ひねくれた態度を取るけど
本当は若旦那が大好きな屏風のぞき、など
出てくる妖怪たちは個性豊かで色とりどり。
しかし、人間くさくてかわいい…と思っていたら
「若旦那以外の人間はどうでもいい」という冷淡な行動や
ほかの人がいても(若旦那以外に妖怪は見えないのです)
平気で騒ぐところ、やっぱり人間とは違う、と時々気付かされ
そのギャップがひやっと来たり滑稽だったり。

妖怪に囲まれた若旦那のほのぼのとした“日常”と
謎が複雑に絡んだ“事件”と、
トーンが違う2つの軸が絡み合っているところが話の魅力。

妖怪たちの特徴が頭の中に絵として浮かぶ文章と
テンポのよいストーリー。
事件の謎がすっきり分かって楽しんで読めました。

“妖怪”と聞くと思い浮かぶ暗い印象が希薄なのは
若旦那を思う気持ちが全体に流れているからだと思う。
妖怪ものは暗さに惹かれて読むことが多いので
シリーズの続きを読むかどうかはまだ分からない、けど
こんな妖怪たちもいいな、と楽しみました。

妖怪・人情・推理、様々な要素を楽しみたい方、おススメ。
 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



江戸有数の薬種問屋の一人息子、
一太郎は体が弱くすぐ寝込んでしまう。
そんな若旦那の周囲はなぜか妖怪だらけなのです。
心配するあまり口うるさい妖怪たちの
目を盗んで出かけた夜、
若旦那は人殺しを目撃してしまう。
それ以来続く猟奇的殺人事件に
若旦那と妖怪たちは関わっていく。
日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。

参考:「BOOK」データベース『しゃばけ』