★4つ。

久しぶりの京極堂シリーズ本編。
今回はある意味、“榎木津の事件”。
出番自体は少ないけれど、
“らしくない”姿に榎木津の苦しみを感じて切ない。

『姑獲鳥(うぶめ)の夏』『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』のような
奇妙さや不気味な美しさは、薄れてきている気がします。
“憑き物落とし”も、単に真相を明かしたような印象。
その場にいる全員から憑き物が落ちる、
まるで自分からも憑き物が落とされたように感じられる、
あの強烈なインパクトが感じられなかったのは残念。

それでも、読み終わった感想は「あー、面白かった。」でした。
登場人物への愛着があって、
榎木津や関口の意外な姿や
青木や益田の今まで知らなかった内面が
見られるのがうれしいのです。
複雑な事件がスッとまとまる緻密な構成も好きな理由。

そしてやっぱり、
犯罪を犯してしまう人間の悲しさ、暗さに惹かれてしまう。

自分にとっては自分が世界の中心だけど、
世界にとっては自分は一粒の砂に過ぎない。
一粒の砂に過ぎない自分は、
たった一滴の邪悪な雫に吸い込まれてしまうこともある…。
人間の弱さをつくづく感じ、ほんの些細なきっかけで
償いきれない過ちを犯してしまう怖ろしさにぞっとしました。

『邪魅の雫(じゃみのしずく)』を最初に読んだなら
(登場人物の設定が分からない、という点を除いても)
ファンにはなってないかもしれない、
でもここまで京極堂シリーズを読んだならやっぱり読みたい、
そんな1冊。

『邪魅の雫(じゃみのしずく)』で、今のところ出版されている
京極堂シリーズは読み終わってしまった…。寂しい。
次回作『鵼の碑(ぬえのいしぶみ)』、
いつ出てくれるか楽しみです。



『邪魅の雫(じゃみのしずく)』
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」
「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」
「死んだのか」「-自首してください」
「死ねばお終いなのだ」
「ひとごろしは報いを受けねばならない」
昭和28年夏。江戸川、大磯、平塚と
次々に現われる毒殺死体。
警察も手を拱く中、あの男が登場する!
「邪なことをすると-死ぬよ」

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

2005年に公開されたジョニー・デップ主演映画
『チャーリーとチョコレート工場』の原作。

『チョコレート工場の秘密』の最大の魅力はやっぱり、
“世界一おいしいチョコレート工場”!
夢に溢れたチョコレートの作り方、
そしてそこで働く“あるもの”たち、
チョコレート好きにはたまらんっす。

奇想天外なチョコレート工場の秘密と
ドタバタ感が強いストーリーが単純に楽しめます。
ちょっとブラックな展開もあって
“子ども向き”と油断はしてられません。

そして人間描写が実は鋭い!
チョコレート工場のオーナー・ワンカ氏をはじめとした
強烈に個性的な人々。
大人も子供も、どこかにいそうな人の特徴を
思いきり強調して描かれているような感想。
いくらなんでもこんな人はいないだろー、と思いつつも
なんだかどこかで会った気がする…
もしかして自分にも似た部分があるかも?
と思ってしまう。
貧しくても素直で家族思いな少年、
チャーリーの健気さにはホロっときます。
周りの大人たちのチャーリーを思う暖かな気持ちにも。

やさしい英語なので、原作でもわりとスイっと読めます。
講談社英語文庫には巻末に注釈がついているから助かるし。

映画『チャーリーとチョコレート工場』とはラストがちがっています。
ほんわりする映画のラストもいいけれど、
続きを匂わす原作のラストも楽しくって好きです。

※以前に書いた『チョコレート工場の秘密』の感想を書き直しました。



『チョコレート工場の秘密』
チャーリーの家のすぐそばに、
世界一おいしいチョコレートの工場がある。
そのオーナーのワンカ氏が、
5人の子どもを招待することにした!
招待状が入ったチョコレートは
世界中にたったの5枚。
でも、貧しいチャーリーが
チョコレートを口にできるのは1年に1度、
誕生日に1枚だけ…。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

古本屋さんって、ちょっと敷居が高いイメージがあるんです。
新刊書店とちがって本を探すのも大変だし、
知識が無いとなんだか場違いなような。

『古本道場』で岡崎武志師匠が角田光代さんに出す指令は
「神保町で子ども時代に愛読した本を探せ!」
「古本屋の未来形、代官山、渋谷で本の見せ方を学べ!」
など、なんだか面白そうで自分もやってみたくなるものばかり。

「古本屋はコワイ」というイメージは
読後もちょっと残っちゃいました。
角田光代さんが古本屋さんで買った本の数々、
読んだことがない作家さんのものばかりなんだものー!
本好きを名乗るのも恥ずかしいくらい、知識ゼロ。

それでも、古本屋に行きたい!という感想が湧いてくるのは
岡崎武志師匠と角田光代さん、
古本屋のご主人たちの本への愛情が伝わってくるから。
個性的な古本屋さんはご主人が愛する本を集めて、
愛する空間を作り上げている。
行くのはコワイ、けど行きたい。
おまけに、自分もそんな空間が作れたら…
なんて憧れも湧いてきます。

土地によって古本屋さんの特徴がまったくちがうのも面白い。
「古本屋は本とともに「土地柄」も売っている」
全国一律で本が手に入るほうが喜ばしい新刊書店とちがい、
地域に密着している古本屋。
私が住む街の古本屋さんはどんな匂いがするのだろう。

岡崎武志師匠が語る「古本道の心得」の1つ、
「わたしはわたしの風邪を引く」。
価値があろうがなかろうが、自分が好きなものが絶対。
「人からうつされた風邪はいやだ、と肝に銘じることだ。」
自分の風邪を引くために、
古本屋さん巡りをしてみたくなりました。



『古本道場』
人の集うところには古書店がある。
古本道を極めたライター・
岡崎武志師匠の指令を受け、
直木賞作家の弟子・角田光代は
今日もせっせと古本を探す。
本との付き合いがいとおしく思えてくる、
新感覚の読書ガイド。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

前々から手織りをたしなんでおります。
そのヘンの話は別ブログ織美絵びより。(現在休止中。)に色々と。

『あこがれの手織り―初めてでも織れるレッスンつき』
まだ手織りを始める前、
「やってみたいよう」とじたじたしている時に購入した本。
作りたい、という意欲が湧く素敵な作品の数々を見て
やっぱり手織りやろう!と決意を固めたのであります。

テーブルセンターやクッションカバー、
ランプシェード、バッグ、マフラーなどなど。
日常生活でさりげなく使える、
シンプルだけどちょっとひねりがある作品。
手織りのデザインを考える時、いつも参考にしています。

卓上機「織美絵(オリヴィエ)」の使い方も詳しい。
本だけで覚えるのはやっぱりなかなか難しいけれど、
織美絵(オリヴィエ)を1度習った人が
「あれ?どうだっけ?」と思った時にはとっても助かります。
ノット織りやマット織りなど、
ちょっと変わった織り方のポイントは
織美絵(オリヴィエ)以外の卓上機でも参考になりそう、という感想。

手織りを始める前、始めた後、
どちらの人でも参考になる本。
手織りに興味があれば、見たら始めたくなっちゃいます。

この本を見て手織りを始めたわたくしは勢い余って
手織りネットショップ-手織り工房まつり。-を
作ってしまったのでした。
現在休止中ですが、手織りはささやかに続けてます。
楽しいよん。



『あこがれの手織り―初めてでも織れるレッスンつき』
卓上機「織美絵(オリヴィエ)」と
市販の糸を使って、もっと軽やかに
織りの世界に触れてみませんか?
「しつらえる」「かざる」「よそおう」「まとう」にわけて、
写真やイラストで
わかりやすく織り方・作り方を解説。

参考:「MARC」データベース