★4つ。

小学館の童話全集は絵も話もちょっと恐かった。
サンリオのいちごえほんは色んな画家さんの絵がいっぱいで、
友達の家にあった「100万回生きたねこ」は
大人になってから自分で買った…。

江國香織さんが絵本について語る
『絵本を抱えて部屋のすみへ』
紹介されている絵本はほとんど読んだことがありません。
それでも、絵本への愛情が溢れていて
小さな頃に読んだ絵本を次々に思い出しました。

絵とシンプルな文章で描かれる、絵本の中にある日常。
自分の日常とは少しちがう
主人公達の日常をそっとのぞきみるような面白さ。
「絵本を抱えて部屋のすみへ」は
子供の頃も、そして大人になってからも感じる
絵本を読む時の特別なドキドキ感を思い出させてくれます。

「部屋のすみ」に座ったままで、
自分以外の人や動物になれてしまう。
絵本が連れて行ってくれる世界はシンプルゆえにとても新鮮。
その生き生きした世界が好きだった。
思えばそれが私の読書原体験だったなあ。

江國香織さんの文章は淡く透明で、
今にも消えそうなのに読んだ後しっかりと存在が残る。
絵本の紹介なんだけど
江國香織さんの感性がさりげなく、でも全面に感じられて
こんなふうに本を紹介できたらいいな、という感想。
江國香織さんの文章が好きならそれに惹かれて、
紹介されている本を読みたくなってしまいます。

無性に絵本が読みたくなって、本屋さんの絵本コーナーで
紹介されている本を何冊かと
自分が好きだった懐かしい絵本をチェックしました。
本ばっかり読んでいる子供だった私には、
「絵本を抱えて部屋のすみへ」は
知らない絵本と子供の頃の自分、
両方に出会わせてくれるような、ちょっと不思議な本でした。



『絵本を抱えて部屋のすみへ』
私がいまの私になるために、
絵本たちとのとても大切で
幸福な出会いがあった。
絵本という表現手段への
愛情と信頼に満ちたエッセイ。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★5つ。

イラストレーター・上大岡(かみおおおか)トメさんの
「飽きっぽい」という悩みに、
脳研究者・池谷祐二(いけがやゆうじ)さんが
科学的に、でもとっても分かりやすく答えてくれています。

とにかく簡単、シンプルで1-2時間くらいでサラッと読めます。
物足りなく感じる人もいるかもしれないけれど
この手の本をあまり読んだことがない、
私のような人にはうってつけ。

脳の中にある淡蒼球(たんそうきゅう)
=「やる気」を生む蒼い玉を
どうコントロールして「やる気」を出し持続していくか、
今すぐ実践できる方法が書かれています。
すぐ飽きてしまうのは自分がダメだからじゃなく、
脳の仕組みがそうなっている、
っていうのが1番うれしいポイント。

そーか、運動や勉強などなど
続かないのは自分だけじゃないし
決して自分が悪いんじゃないんだ!と
ちょっとホッとしました。

上大岡トメさんの絵がかわいくって楽しめる。
もっと詳しく脳について解説している本も
ためになって面白いけど、
『のうだま―やる気の秘密』は
ど素人が実践していくにはとびっきり分かりやすくていい!
という感想です。

実際、この本を思い出して
やる気が出なくてもムリヤリ動き出してみたら、
思った以上にがんばれました!

要点をメモ書きしておいて
いつでも見られるようにしておこうかな。
何度も読み返して指南書とすれば
とっても役立つと思います。

コツを覚えて、目指せあおだまつかい!



『のうだま―やる気の秘密』
三日坊主になってしまうのは、
脳が飽きっぽくできているから。
「やる気」を引き出すためには、脳をだまして
脳の中の淡蒼球(たんそうきゅう)を
動かさなければなりません。
続ける技術とやる気の秘密を解いた本。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い