★3つ。

『嗤う伊右衛門』(わらういえもん)に続き、
古典怪談に材を取ったシリーズ第2弾。

『覘き小平次』のオリジナルは
山東京伝の『復讐奇談安積沼』(ふくしゅうきだんあさかのぬま)…
だそうですが、『復讐奇談安積沼』をまったく知らず
完全に京極夏彦さんのオリジナルとして読みました。

感想としては、暗い、とにかく暗い。
『嗤う伊右衛門』では痛いほどの哀しみと美しさを感じたけれど、
『覘き小平次』読了後に残ったのは、
そこにいるだけの存在に対する薄ら寒い恐怖と嫌悪感。

複雑に絡み合った登場人物どうしのつながり、
巷説百物語シリーズでおなじみの事触れ治平の登場など、
いつもながら京極夏彦さんの世界は緻密…なんだけど、
何より小平次の気味悪さが印象深い。

なぜ、“ただいるだけ”の小平次に
恐怖と嫌悪感を感じるのだろう。

事触れ治平の言葉、
「所詮人なんか誰でもねェわさ。
俺が俺がと固執する程、確乎り(しっかり)した中味なんざァ、
誰も持っちゃねェんだよゥ」

しっかりした中味なんか持っていない、
薄々それに気づいていてもなお
“自分”があるふりをしなくては生きられない。
なのに、小平次は自分を捨て切って幽霊のように生きている。
その姿は「しっかりした中味がお前にはあるのか?」と
見る者に問いかけているようで、
そんなこと考えたくないから、考えたら生きていけないから、
だからそんなことを考えさせる小平次に嫌悪感を感じるのかも。

小平次に恐怖と嫌悪感を感じるのは、その姿に鏡のように
自分を映してしまった人なのかもしれない。
『嗤う伊右衛門』ほどのインパクトは無かったな…と思ったけれど、
自分自身の見たくない部分をまざまざと見せつけられる、
ある意味で本当に怖ろしい話かもしれません。



『覘き小平次』
死んだように生きる幽霊役者。
生き乍ら死を望む女。
小平次とお塚は押入襖の隙間からの目筋と
この上ない嫌悪とで繋がり続ける―
死霊が主役の怪談劇が、
生者が主役の愛憎劇へ。
山東京伝の名作怪談を現代に甦らせた
山本周五郎賞受賞作。

参考:出版社・著者からの内容紹介 / Amazon


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

下町の小さなフランス料理店、
ビストロ・パ・マルの三舟シェフがちょっとした謎を解決する。
近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』の続編
『ヴァン・ショーをあなたに』、前作と同じく楽しめました。
人と人との結びつきに心のこもったお料理が絡む。
時に切なくもあるけれど、心暖まる読後感です。

最初の「錆びないスキレット」は悲しい話だけど、
スタッフの志村さんの好感度がぐっとアップ。
(猫好きさんならきっとみんなそう…)
「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」では
三舟シェフの意外な一面がちょっとかわいく思えたし、
2人ともいい味出してるな、という感想。

「氷姫」「天空の泉」「ヴァン・ショーをあなたに」は
語り手がいつもの高築くんではなくて驚きました。
(「氷姫」は高築くんかと思ったけど、イメージがあまりに違うし
高築くんらしき“若いウェイター”が出てくるのでちがうんじゃないかな?)
「氷姫」「天空の泉」は雰囲気が大人っぽくて、
近藤史恵さんの小説にはこんなタイプの話もあるんだ、
と意外で面白かったです。
「ヴァン・ショーをあなたに」は
ビストロ・パ・マルで何度も出てくる
ヴァン・ショー(=ホットワイン)の秘密が分かって、
『タルト・タタンの夢』から読んでいるとうれしくなってしまう。

相変わらず、美味しそうなお料理がたくさん出てきます。
特に美味しそうだったのは、
ミリアムおばあちゃんのヴァン・ショーと
三舟シェフが修行時代に通ったお店のトリュフオムレツ。
ビストロ・パ・マルに行ってみたい、という気持ちには
『タルト・タタンの夢』を読んだ時のほうがなったけれど、
単に料理の好みの問題かも
(野菜だけのフレンチやブイヤベース、
それほど好みでは無いので…)。

相変わらず高築くんのキャラが薄いのが少し残念。
続編があるなら、彼がどうしてビストロ・パ・マルで
働くようになったか、なんて知りたいな。
ソムリエの金子さんが主役の話も面白そう。

ビストロ・パ・マルの気取らないフレンチ、
またじっくりと味わいたいです。



『ヴァン・ショーをあなたに』
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。
気取らない料理で客の舌と心をつかむ
変わり者の三舟シェフは、
客たちの不可解な謎をあざやかに解く名探偵。
ブイヤベース・ファンの新城さんの正体は?
ミリアムおばあちゃんが
夢のようにおいしいヴァン・ショーを
つくらなくなってしまったわけは?
絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★3つ。

いつかブラック・ジャックになれると信じていた少年が
楽しいこと、辛いことを経験しながら少しずつ“自分”を知っていく。
久保寺健彦さんの『ブラック・ジャック・キッド』は
大人になったかつての「ブラック・ジャック・キッド」が
自分の小学生時代を語る物語です。

ブラック・ジャック・キッドこと織田和也君、
小学生時代の体験はなかなか“濃い”感じ。
彼ほど濃い経験は無くても
異性を意識したり、上級生とモメたり、
ちょっと恥ずかしい思い出は誰しも持っているのでは。
そんな出来事に出会いながら成長していく和也君は
見ていて少し懐かしく、少し切なくなりました。
漫画の中のブラック・ジャックとしてではなく、
現実に生きる自分自身の強さを
身に付けて行く姿にホロッときます。

全体的には現実的な話なんだけど、
時々ぽんぽんっと不思議な出来事が起こります。
自分にもこんな奇妙な出来事があったかもしれない、
という気にさせられました。
でもそんな風に思ったのは、私が元々
不思議なことが起こる話が好きだからかも…。
現実と離れたエピソードが浮いてしまっている感じもあって、
和也君の成長物語としては、不思議エピソードは必要ないかも。

初めのうち、大人が子供時代を回想しているということは
あまり意識させられません。
だけど後半、この人は大人になって○○になった、
などと唐突に書かれていて驚かされます。
小学生からいきなり大人になってしまうラストも
これまたちょっと唐突で、
あれ、それで終わりにしちゃう?って印象。
登場人物の中には、何もそんな結末にしなくても…
と思う人もいて、ちょっと淋しいし。

大人が読むとちょっと切なくほろ苦く、
全体としては良い印象。
だけど少し引っかかる箇所もあって、
スキかキライか、自分でも微妙なところ…という感想。
久保寺健彦さんの他の本も読んでみようか、考え中です。



『ブラック・ジャック・キッド』
雪降る聖夜、奇蹟が起きる。
手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』を
こよなく愛する小学生の和也。
「患者」を探して団地を駆け回る毎日にも、
否応なく現実ってやつが影を落とす。
第19回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

参考:「BOOK」データベース/
出版社・著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

本が好きな人にとって、本って特別なもの。
『この本が、世界に存在することに』
本がある人生の断片を描いた短編集。
角田光代さんにとって、本って特別なものだったんだ、
ということが伝わってきます。

行間がとても広かったり、余白がたっぷり取ってあったりと
話ごとに文字の配列がちがっていて、
同じ本の中でもちがう世界感がある、という感想です。
印象的だったのは、旅先の古本屋で
自分が売った本と出会う「旅する本」。
実際にそんな経験は無いけれど、
同じ本を数年たって読み返した時の感覚がとてもリアル。
ほかの話も、本に対する思い入れがそれぞれ感じられます。

「あとがきエッセイ 交際履歴」に書かれていた、
「本と人との関係は“個人的な交際”」という
角田光代さんの言葉に共感。
大好きな本って、自分の芯の部分まで刺さってきて
思いがけない感情を引き出してくれることがある。
万人に読まれる本であるのに、
自分だけの特別なものである、という不思議な感覚を
本が好きな人って多かれ少なかれ抱いてるのではないかなあ。

『この本が、世界に存在することに』を読んでいると
本とは楽しみを与えてくれる存在であるだけではなく、
人生を変えてしまうことすらある、と改めて思います。
本が好きなら、どこか深く頷ける箇所がある、そんな本です。 



『この本が、世界に存在することに』
本への愛情をこめて角田光代が描く新境地。
泣きたくなるほどいとおしい、
ふつうの人々の“本をめぐる物語”が
あなたをやさしく包みます。
心にしみいる9つの短編を収録。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

最近ハマっている日記エッセイ、今度は川上弘美さん。
高山なおみさんの『日々ごはん〈1〉』に引き続き、
yom yom(ヨムヨム) 2009年10月号で見て興味が湧いた
『東京日記 卵一個ぶんのお祝い。』です。

日付は「一月某日」となっていて、1つの月にだいたい4日。
1日分はとても短いし、最初は少し物足りなく感じました。
いかにも“日記”という感じの『日々ごはん』に比べ、
『卵一個ぶんのお祝い。』では川上弘美さんがどんな人なのか
ぼんやりとした輪郭しかつかめないなあ、という感想で。

けれど、読んでいるうちにじわじわと
川上弘美さんの文章が沁みこんでいくような気がしました。
月の4日間が絡み合い、
同じ言葉が効果的に繰り返されたりして
ひと月分が短編小説のよう。
あとがきによると「五分の四はホント」だそうですが、
あまりにうまくまとめられているので
これって本当にホント?と思ってしまう。

駅から2分の待ち合わせ場所に行くために
迷わないよう地図とコンパスを持っていったが
途中で疲れて辿り着けなかったり、
駅弁2つを選びきれず両方買ったものの
どちらから食べるかでまた迷い
結局は食べることができなかったり…
起こる出来事もホント?と思ってしまうような
少しヘンなことが多い。
「からだ半分、ずれている。」と本の帯に書いてあったけれど、
川上弘美さんって、確かにちょっとズレてるかも。

でも多分、人はみんながどこかしらズレている。
ふつうは意識していない、
もしくは意識しすぎる、世間とのズレ。
川上弘美さんの場合、
自分がズレていると感じているのかいないのか。
ズレを冷静に見つめて淡々と書いている、という印象です。
ほのぼのしているようでいながら
時にシュールさや淋しさも感じられます。
門馬則雄さんの力が抜けた絵がピタリと合って、
なんとも個性的でハマってしまう日記です。

できごとを長々と書くのではなく
その日を感じさせるエッセンスをキュッと凝縮、
こんな日記もまた面白い。
川上弘美さんの小説も読んでみたい、と思う日記でした。



『東京日記 卵一個ぶんのお祝い。』
「本書は、本当日記です。
少なくとも、五分の四くらいは、ほんとうです。」
おおむね楽しい、ちょっぴりさみしい。
からだ半分、ずれている。
雑誌『東京人』に連載された
『東京日記』の単行本化。
現在、ウェブ平凡で連載中です。

参考:「BOOK」データベース /
出版社・著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い