★4つ。

豆腐を載せた盆を片手に、ただ立ち尽くすだけ…
というマヌケな妖怪、豆腐小僧。
1つ聞いたら1つ忘れる、ちょっとおバカさんな豆腐小僧が
様々な妖怪に出会いながら
「なぜ自分は存在するのか」という大きな謎の答えを求めて旅をする。

『豆腐小僧双六道中ふりだし』
物語仕立てにはなっているけど、
京極堂シリーズや巷説百物語シリーズのような
緻密なストーリではありません。
滑稽な物語の形を借りた
妖怪の成り立ちについての解説書、といった感想。
人々がどのように妖怪を創り上げていったのか、
妖怪たちが人間社会においてどんな役割を担っていたのか、
豆腐小僧と一緒に「へー」と思いつつ学んでいけます。

この妖怪論、京極夏彦さんのオリジナルなのかな?
妖怪論ってほかに読んだことが無いのでよく分からないけれど、
きっと豊かな知識を元に京極夏彦さん独自の解釈を加えて
しっかりと考え抜かれた妖怪論なんだろうな、と想像できます。
妖怪「滑稽達磨」が語る禅に基づいた話など、
少々難しく感じるところもあるけれど
落語風の軽い語り口ですいすいと読めます。

そして妖怪を排除してしまった現代社会に対して、
疑問を投げかけられているような気もしてきます。

「…訳の解らぬ怖いモノを、畏怖心、嫌悪感、不快感と細分化し、
更に様々な解釈を加え、それぞれに規定して、
爪を抜き牙を抜いて飼い馴らし、最後には笑い物にしてしまう-
その笑いモノこそが我等妖怪なのだ」

妖怪を単なる想像の産物として、本当にそれでいいのか?
社会においてうまく機能していた
「妖怪」というものに代わる何かを
現代の社会はまだ見つけていないのではないのか?
そんなことを考えると、
昔に返って「妖怪」を信じてみたい気になってくる。
ストーリーよりも「妖怪」そのものが興味深く思えました。



『豆腐小僧双六道中ふりだし』
「なぜ、手前は豆腐を持っているんでしょうか?」
自己の存在理由に不安を抱く妖怪「豆腐小僧」。
数々の異種妖怪に出会いながら、
自らの存在理由を求めて旅をする。

参考:Amazon / 出版社・著者からの内容紹介

★3つ。

映画でも話題になった湊かなえさんの『告白』
読んでいる時は続きが気になって、
どうなるのかドキドキしながら一気読みしました。
次々に語り手が変わり、
事件の全貌が明らかになっていく作りはよくできている…
けど、噂で聞いていた通り、後味は良くないです。
良くない、というか、救いも悲しみも無く
後に残るものが感じられないな…という感想。

その理由は、登場人物たちに
人間らしさを感じられなかったからだと思います。
最初に登場する「悠子先生」はまだ
表面には現れない大きな悲しみや苦しみ、
憎しみがあるのだろう…と思えるけれど
その後出てくる人たちがあまりにも理路整然としている印象。
冷静すぎて、それぞれ主張はちがうんだけれど
性格の違いをあまり感じない。
特に中学生たち、もう少し感情的になったり
文章が乱れたりするんじゃないかなあ、と感じてしまいます。

彼らの言い分はあまりにも身勝手。
その身勝手さや自己愛は、まるっきり理解不能というわけでもない。
けれど、それを抑えて、乗り越えてこそ人間でしょう?
そんな自己主張ばかりしていると世の中全員犯罪者になっちゃうよ?
という感じで、共感はできないし、したくない。
展開も、なんだか“衝撃的”にしようとして
死をずいぶん簡単に扱っているなあ、というのが正直な感想。
読んでる時はハイスピードな展開で楽しめたけど、
もう1度読みたい気分にはなれません。

ただ、もしも自分に子供がいたら
違う感想を持つかもしれないな、と思います。
娘を殺されてしまった悠子先生の気持ちは、
私には想像しきれない感情なのだろう、と。

今の自分は一歩引いたところから登場人物たちを見ているけれど、
悠子先生を始めこの中の誰かに共感してしまったら…
今は共感できないけれど、
自分の中の「身勝手さ」を「正義」に置き換えて徹底的に追求したら、
彼らのようになる可能性も無いわけじゃない。
それが少し怖ろしくて、これ以上共感したくない、
と遠ざけてしまう所以かもしれません。



『告白』
「愛美は死にました。
しかし事故ではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
-我が子を校内で亡くした
中学校の女性教師による
ホームルームでの告白。
次々と変わる語り手たちによって、
事件の全体像が次第に語られていく。
文庫には映画『告白』の
中島哲也監督インタビューを特別収録。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い