★4つ。

小学校1年生になったばかりのかのこちゃんと、
ちょっぴり不思議な猫のマドレーヌ夫人。
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』は1人と1匹が等しく主人公。
どちらも実に生き生きとしています。

「響きが気に入った」という理由で
難しい言葉を意味も分からず覚えるかのこちゃん。
男子対女子の勝負や、どこかがヘンなお茶会ごっこ。
「刎頚(ふんけい)の友」すずちゃんとの出会い。
すべてが初めて経験することで
悩んだり辛かったり、とびっきり楽しかったり…
そうそう、子供の頃ってこんな感じだった!
と懐かしい気分になりました。

マドレーヌ夫人のほうはと言うと、
まずは彼女の「夫」に驚いて心を掴まれ
その生活に引き込まれていく。
個性的な猫たちが集う猫の集会、
本当に猫同士こんな会話を交わしているのかも、
という気がしてきます。
万城目学さん、小学校1年生の女の子や猫の世界を
よくここまで生き生きと書けるなあ、と感心しきり。

生き生きとしているからこそ、
1人と1匹が出会う不思議な出来事もスッと信じられるし、
彼女たちが経験するお別れに心が痛くなる。
まだ小さいかのこちゃんだけれど
別れの切なさや寂しさをしっかりと受け止めて、
どうすべきかをきちんと自分で考えている。
お転婆なかのこちゃんが
別れにじっと耐える姿に胸を衝かれました。
かのこちゃんにとってこの別れは、
悲しくても大切な大切な経験になるんだろうな。

そして、独立独歩の猫らしい猫、マドレーヌ夫人。
干渉はしない・されないけれど、周りの人間や猫、
「夫」に対し温かな気持ちをたくさん持っている。
互いの自由を尊重しながら想い合う彼女たちは大人で魅力的で…
それでも、お互いに自立しあっていてなお、
みんなが寄り添いあえる未来があればいいな、と思ってしまう。
生き生きとした登場人物+猫たちの想いが
じわりと心に沁みてくるお話、という感想です。

ところで、かのこちゃんのお父さん
(優しくかのこちゃんを見守る味のある人物)は
鹿としゃべったことがあるんだって。
これって、あの小説のあの人?じゃあお母さんは?
って勘繰ってみるのもまた楽しいものです。



『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
かのこちゃんは小学1年生の元気な女の子。
マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、
不思議や驚きに充ち満ちている。

参考:「BOOK」データベース


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★4つ。

森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』で、
黒髪の乙女と先輩が古本市で探していた絵本が
ペーター・ニクルさんの
『ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語』
マチアスという男が造った真っ白い小さな機関車が、
旅に出た彼の後を追って冒険するお話です。
乙女が愛した絵本はこれか!と嬉しい気分で読みました。

商品情報で絵が出てこないのが残念無念。
(Amazonに行けば表紙は見られます!)
絵はビネッテ・シュレーダーさん、
細かいところまでしっかりと丁寧に描かれていて、
かつ画面いっぱいに景色が広がる大胆さもある絵。
冷たさと暖かさ、固さとやわらかさ、
両方を感じる独特な味わい。
眺めているだけで想像が膨らんでいきます。
真っ白な小さな機関車がぐんぐん走っていく絵は、
黒髪の乙女ならずともつい見入ってしまう美しさです。

そして、ストーリーも美しい。
主役は人間ではなく小さな機関車だけど、
これって実は“愛”のお話じゃないかなあ、という感想。
マチアスを追う機関車を心から応援したくなる。
その冒険にわくわくし、ピンチにはどきどきして、
子供の頃のように純粋に読むのが楽しかった。
心がほっかり暖まります。

ラ・タ・タ・タムって不思議なタイトルだと思っていたら
機関車が走る時の音だったのね。
黒い大きな機関車だと「ガタンゴトン」ってイメージだけど
「ラタタタム、ラタタタム」っていう音は軽やかで、
真っ白な小さい機関車によく似合う。
リズミカルに声に出してみると
楽しい気分になりますよ(実験済み)。




『ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語』
ちびの発明家・マチアスが造った
真っ白い小さなお嬢さん機関車。
旅に出たマチアスを追って、
機関車の冒険が始まります。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い