★4つ。

つい先日読んだ『こっこさんの台所』の冒頭は

 元々 食べるよりは作るほうが好き。

『美食日記―美味しい生活、おいしい時間』の冒頭は、と言うと

 「私、食欲の奴隷なんです」

…同じく“食”をテーマにしたエッセイなのに、なんて違い!
そして私は圧倒的に、確実に、明らかに、後者側なんです。

イラストレーターの柿崎こうこさんの“食”にまつわる様々な話。
ビューティマニアで美に関する本が多い柿崎こうこさんだけど、
食べることも大好きで、矛盾した苦労も味わっているんだなあ、
と共感しながらくすくす読みました。 

自分で作る日々の食事や、旅先で出会った美味しいもの、
様々な人の食生活やお弁当事情、
そしてそして「食べたいけどキレイになりたい!」という
図々しくも赤裸々な気持ちと努力。
盛りだくさんの内容が
たっぷりのかわいい絵とともに描かれています
美味しそうなものがいっぱいでワクワクしたり、
ダイエットに取り組む様子を見て自分もやらなきゃ!と省みたり。

柿崎こうこさんは“食べること”が大好きで、
大切にして、楽しんでいるのだな、という感想。
宿泊しながらの断食体験などの
本格的なダイエット&体をキレイにするための努力だって
きっと“食”をより楽しみたいからこそ、だと思う。
そんな柿崎こうこさんの思いに
強く強く共感してしまうのです。

食べることが好き、でもキレイにもなりたい、
という思いがある方なら共感しまくってしまうでしょう。
かわいいイラストもたっぷりで、気楽に楽しめます。




『美食日記―美味しい生活、おいしい時間』

美味しいものが食べたい!
…だけど痩せたいし、キレイにだってなりたい。
ムシのいい願望を満たすべく奮闘する365日、
イラスト満載で綴られています。

参考:「BOOK」/「MARC」データベース