★5つ。

読んじゃうのがもったいなくて、
ずっと積読しておいた十二国記の短編集、ようやく読了。
十二国記の長編はその国の「王」を描いているけれど、
『丕緒の鳥』の主人公たちは
役人であっても国政には手の届かない位置にいる人々や、
ごく当たり前の商家の娘…つまりはごくごく、普通の人々。
ごく普通の彼らが、強く逆らえない存在である“国”や“自然”に対峙し、
非力さを痛感しながらも必死に前を向いて生きようとする姿が胸を打ちます。
以下、4編それぞれの感想。


 『丕緒の鳥』
  雑誌の読切で読了済。
  理不尽な政治に逆らうことも、民の力となることもできない、
  と苦しむ主人公・丕緒(ひしょ)。
  何もできなかった不甲斐ない自分への絶望、
  いなくなってしまってから初めて理解できた仲間の思い。
  己の不甲斐なさに苦しみながらも
  自分の仕事に必死で打ち込むことで現実と仲間の思いを受け入れ
  伝えようとする彼の姿はそのまま、
  大きな力に抗えないでいる現実の自分たちに重なるようで、
  だからラストシーンがじわりと心に染みてきます。
  御簾越しにだけど、十二国記でお馴染みの顔にも会えて嬉しいかぎり。
  「胸が痛むほど」美しい丕緒の鳥を、この目で見てみたい、と思う。

『落照の獄』
  こちらも読切で読了済。
  重い、とても重い。
  “上の人”に対し“普通の人々”は単純に
  「どうしてこうしないんだろう」と思う、
  むしろ、そうしないことに憤りを感じる。
  けれど、自分がその立場になった時、簡単にそれを決意できるだろうか。
  人の命、罪と罰、傾いた国。
  傍から見てるほど、頭で考えるほど、単純な一本道ではなくて。
  人間の苦しみ、葛藤、立場のちがう人間が分かり合うことの難しさ、
  そんなものがずしりと、真摯に描かれていて心を抉ります。
  結局、答えなんてものは出ていない。
  永遠に出ることはないのだろう。

 『青条の蘭』
  書き下ろし。
  この短編集の中で一番印象的で、一番好きな話。
  どの国のどの時代の話だろう、とドキドキしながら読んだのだけど、
  あの国の荒廃がこれほどひどかったなんて。
  救いなんて無いように見える。
  辛く哀しい、理不尽なできごとが数多く起こっていることも、知っている。
  それでも、この物語のように、奇跡は起こり得るのだと、
  誰かの真摯な思いが他の人の思いを呼び覚まし、
  伝わるはずも無いような遠い遠いところにまで届くこともあるのだと、
  確かにそう信じられる、美しく強い物語。

 『風信』
  書き下ろし。
  自分が行っていることが真の意味で人々の役に立つのかどうか、
  分からないながらもそうするしかない、不器用な人々。
  間違っていないのか、分からない。
  お前のやっていることなんて何の意味も無い、と糾弾されても反論できない。
  それでも、自分にはこれしかできない、ならばこれだけを必死でやるしかない、
  と仕事に打ち込む人間の姿は、時に滑稽で、時に愚かだ。
  だけれど、ささやかな営みが人の救いとなることが確実にある。
  不器用な彼らも、彼らに疑問を抱く人々も、
  どちらにも自分に近いものを感じるのだ。
       

「王」や有能な官吏たちのように、
国を動かし、人々に幸せをもたらすことはできずとも、
平凡な人々も、少しでも人々にとって希望であろうと必死で生きている。
時に悲惨で時に滑稽な“普通”の人々も、
人の希望となり得ることができるのだ、
哀しいこと、惨いことも起こるけれど、
美しいことや素晴らしいことも同じように起こり得るのだ、と
平凡な己を信じてみたくなる短編集。

長編とはまた違った味わいがありました。
読めば読むほど、十二国記に登場する「王」の条件、
「道理が分かっている」人とは小野不由美さん自身ではないか、と思えてくる。
どうしてこんなにも、ちがった立場の人々の心を
真に迫って描くことができるのだろう。
そしてやっぱり読めば読むほど、
長編の続きが読みたくて仕方がなくなるのです。





『丕緒の鳥』 十二国記 (新潮文庫)

「希望」を信じて、男は覚悟する。
慶国に新王が登極した。
陶工である丕緒は、
国の理想を表す任の重さに苦慮していた。
希望を託した「鳥」は、
果たして大空に羽ばたくのだろうか―
己の役割を全うすべく煩悶し、
一途に走る名も無き男たちの
清廉なる生き様を描く全4編。

参考:「BOOK」データベース