★3つ。

『東と西1』は6人の作家さんが
日本のどこかをテーマに描いた小説集。
それぞれの「東」と「西」が描かれていて興味深い。
しかし、とにかく奇妙で、ちょっと入り込みづらかった。

いしいしんじ 『T』
とにかく奇妙、としか言いようが無い。
いしいしんじさん特有の深い優しさ、感じられないことも無いけれど、
奇妙さが勝っていて大好きな作家さんだけに戸惑ってしまった。
引き込まれるけれど、この話を最初に読んでいたら
いしいしんじさんのイメージが今とは違っただろうな。

西加奈子 『猿に会う』
奇妙な話が並ぶ中、ふつうの女の子の日常がさりげなく描かれている。
優しい気持ちになる読後感で、この短編集の中で1番好き。
サラバ!が話題の西加奈子さん、ほかの小説も読んでみたくなりました。

栗田有起 『極楽』
1万50歳で生涯を終えた筈のある生き物が辿り着いた奇妙な場所。
そこを極楽だと思う“彼”と、地獄のようなところだと思っている周囲の人々。
“彼”は幸せだと言うけれど、
本人が幸せならそれでいい、と思い切ることもできず、
さりとて“彼”に同情するのもおかしな話で。
救いがあるような無いような、気持ちがいいようなわるいような、
不思議な読後感でした。

池田進吾 『赤、青、王子』
これまたとびきり奇妙な話。
主人公の彼は一体何をしているのか、何をしようとしているのか、
何を考えているのか、『T』以上にさっぱり分からない。
分からなすぎて、ほかの話を読んでみよう…とはちょっと思えなかった。

藤谷治『すみだ川』
救いがあるのか無いのかよく分からない話が多い中、
分かりやすいハッピーエンドはホッとしたし、
落語風の語りは新鮮で面白く読みやすかった。
けれど、起こる出来事はあまりに予想通り過ぎるなあ。
ホッとはするけどちょっぴり物足りない感じが残りました。

森絵都 『東の果つるところ』
幼い頃から植えつけられた一族の慣習による悲劇…なんだけど
その「慣習」があまりにもばかばかしくって。
そこにユーモアを感じていいのか、
しかしそこから起こった出来事は幸せな事では無くて、
シリアスなのかユーモラスなのかよく分からないまま読み終えてしまった。
『カラフル』でも感じたけれど、森絵都さんのユーモアって
私にはよく分からないかもしれない。

…そんなわけですべてを通して「面白かった!」とは言い切れず。
でも、よく分からないながらもそれぞれの「西」と「東」が描かれていて
味わい深く、興味深い、という感想。
そして、色々な作家さんの作品を読めるアンソロジー、
たまに読むと発見があってやっぱり面白い。
今回は西加奈子さん。
話題の作家さんだけれど、いきなり長編はなあ…と手を出しかねていたけれど
ぜひ読んでみよう、と思います。




『東と西 1』

いしいしんじ、栗田有起、西加奈子、
藤谷治、森絵都、池田進吾。
6人の書き手が、古今東西、
日本のどこかをテーマに描いた
まったく新しいかたちの小説集。

参考:AMAZON 内容紹介