★4つ。

『ガラスの仮面』に関してはスキとかキライとかではなく、
もう結末を見届けなくてはしょうがないっ!
って感じです。

少女漫画はあまり読まないのだけれど
『ガラスの仮面』だけは別。
初めて読んだ時はマヤと変わらない年で、
ついでに演劇部に所属してました。
マヤと亜弓の演技に
「こんなん出来たらいいなああ…でも、ムリ」
と思いつつ読んでいたっけ。

『ガラスの仮面』は「芝居」と「恋愛」、
2つの大きな流れがあるけれど
面白いと思うのはお芝居の部分。
マヤと亜弓、周りの役者たちの
大げさなくらいストイックな役づくり、芝居づくりは相当な迫力。
散々役づくりに悩んだマヤが、
舞台の上で完璧に役になってしまう変身っぷりは
空恐ろしさすら感じます。
役づくりに悩んでいる時はかなり話が暗いけど、
『ガラスの仮面』はその丹念な描写があるからこそ、
本番の凄さに納得できる。

42巻は恋愛メインでちょっと物足りなかったけれど、
43巻は「紅天女」に取り組むマヤが見られます。
どんな説得力のある紅天女を見せてくれるのか。
『ガラスの仮面』の真骨頂、
マヤの「できる!私はできるわ!」が早く見たいものです。
恋愛は…どうなるんでしょう?
運命の恋、すれ違い、読んでいてちょっとこっぱずかしいが
『ガラスの仮面』に関してはそれもまたよし。

それにしても『ガラスの仮面』、いつ完結することやら。
同年代だったはずのマヤと亜弓さん、
いつの間にやらとっくに追い越してしまった…。
そろそろラストを知りたいような、
いつまでも続いて欲しいような…ちょっと複雑。



『ガラスの仮面』第43巻
最終審査の「紅天女」試演に向けて、
動き出したマヤと亜弓。
しかし、着々と役への準備を進める亜弓に対し、
マヤはなかなか自分の紅天女を
つかむことができない…。
そんなマヤを尻目に
我が道をゆく亜弓は公開稽古を行う。
それを見たマヤは亜弓の出来栄えに…!?

参考:作品かいせつ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪ザ・万歩計  | ガラスの仮面 第43巻 | 猫のパジャマ≫
コメント
ガラスの仮面 第43巻

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ガラスの仮面 第43巻

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL