★4つ。

“小説家”という職業だけでは心もとない。
竹林経営の第一人者となることを夢見て(妄想し)、
森見登美彦さんが竹を刈る…ただそれだけの話、なのに
なんだってここまで妙なことになってしまうのか。

小説と同様、エッセイでも妄想大炸裂!
格調高い文章で
大真面目にを阿呆を語る森見登美彦さんに、
ばっかだなあ、この人、とクスクス笑いつつ
愛おしさすら感じてしまう。

万城目学さんのエッセイ『ザ・万歩計』を読んだばかりなので
違いを考えてしまいます。
日常のささやかなことに面白さを見出す万城目学さんに対し、
『美女と竹林』は現実と妄想の境目があいまいで
読んでるほうも半分(以上?)ウソと知りつつ楽しめる。
エッセイというよりも、
森見登美彦さん自身(によく似た人)を
主人公とした小説、というイメージのほうが近いような感想。

エッセイを読む楽しみの1つに
小説では分からない作家さんの素顔が
垣間見えることがあると思いますが、
『美女と竹林』では
森見登美彦さんの素顔はさっぱり分からない。
竹林への不思議な愛情と、
締切に苦しんでいるらしいことは
生々しく伝わってくるけれど。
じわじわ笑える森見登美彦節を楽しむならば面白い。
私は森見登美彦さんの文章そのものが
クセになってしまっているのでかなり面白かったです。

エッセイすらも妄想ならば、
もうとことん妄想の世界で楽しませて欲しい。
今年1月に竹林でかぐや姫もどきを発見し、
独身貴族の地位を引責辞任された森見登美彦さん。
きっとさらにパワーアップした、
さらにハッピーな妄想で魅せてくれるでしょう。



『美女と竹林』
美女に会ったら伝えてくれ。
俺は嫁を大事にする男だと。
妄想と執筆に明け暮れた、
多忙にして過酷な日々。
森見登美彦氏を支えてくれたのは、竹林であった。
美女ではないのが、どうにも遺憾である。
虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、
人気文士の随筆集。

参考:「「BOOK」データベース


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
美女と竹林

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
美女と竹林

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL