★4つ。

6つの短編から成る『続巷説百物語』。
前作『巷説百物語』の事件とは
時間的に前後しており、続きというよりも
“ある大仕掛け”へ向かっていく事件だけが語られています。

『巷説百物語』の感想では
犯人の心情にあまり触れていないのが物足りない、
と書きました。
でも『続巷説百物語』では、語り手である山岡百介と
彼の目から見た御行又市一味の心が察せられます。
犯人の心の闇を掘り下げていく京極堂シリーズ、
事件を解決していく側の心に触れる巷説百物語シリーズ、
ちがった味わいがあるのだなと感じました。

短編1つ1つは独立しているものの
巧みな伏線により、すべてが“大仕掛け”へとつながっていく。
その見事な伏線の引き方、さすがは京極夏彦さん。
話が進むに連れ少しずつ引き込まれ、
5番目の短編「死神或いは七人みさき」では
話の中にすっかり飲み込まれてしまいました。
“死神”が本当に怖く、おぞましい。

百介は生を受けた武家にも、育った商家にもなじみ切れず、
かと言って闇の世界で生きることもできず、
昼と夜の世界の両方に憧れる、黄昏時にいる人物。
対極のものに等しく魅かれるその気持ち、
なんだか少し分かる気がします。

だから最後の短編「老人の火」では本当に悲しくなってしまった。
「昼も夜も関係ない」と強く願った百介の思い、
そしてきっと百介を大切に思っているであろう又市たちの思い、
それぞれが切ない。
同じ人間であるのに、
生きる世界がちがうとはこういうことなのか…
と、痛いほどの悲しさが残ります。

事件を収束させる又市たちの
見事な手際を楽しめた『巷説百物語』とちがい、
切なく、重く、そして魅かれる物語でした。

次は百介の老後が描かれている『後巷説百物語』。
百介は結局、念願の物語を書いたのだろうか?



『続巷説百物語(ぞくこうせつひゃくものがたり)』
諸国を巡り怪談話を蒐集する
山岡百介が出会った御行の又市一味。
闇に生きる彼らにしか終わらせることができない、
愚かで哀しい人間の悪業。
打ち首にしても生き返る悪党、
行き合う者は命を落とすという七人みさき-。
奇想と哀切のあやかし絵巻、第2弾。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪王者の妻  | 続巷説百物語(ぞくこうせつひゃくものがたり) | プリンセス・トヨトミ≫
コメント
続巷説百物語(ぞくこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
続巷説百物語(ぞくこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL