★4つ。

主人公は豊臣秀吉の正妻、ねね。
14歳で秀吉に嫁いだねねの生涯を描いています。

永井路子さんの『歴史をさわがせた女たち』のねねは
“強く優しくたくましいオカミサン”でした。
庶民的で、表には出ないが秀吉をしっかり支えた女性。
秀吉の子を産んだ淀君と対立したが、
豊臣vs徳川の争いを静観することによって
最終的に淀君に勝利した、
優しいながらも冷静でたくましい女性。

でも、『王者の妻』のねねは様々な苦しみを感じていました。
秀吉の女癖の悪さ、
夫の出世に伴い自分の置かれる環境までも
変わっていくことに感じる違和感、
権力の座に付き変わってしまった秀吉。
そして淀君に対しては複雑な感情を持ちつつも、
そのために淀君の滅亡を願っていたわけでは決してなく
世の中が平和になることを願っていた…。

『王者の妻』のねねは権力に奢ることなく
庶民的な感覚であり続け、周囲の人への気遣いも細やか。
近くにこんな人がいたら色々相談したりするのになあ、
と思える、とても好感を持てる女性です。
しかし、彼女の苦しみは庶民であったがゆえのもの。
ごくごく普通の人なのに、たまたま乱世に生まれて、
たまたま夫が天下を取ってしまった…という彼女の感覚は
現代の一庶民である自分にも理解できるものでした。

真実の姿は誰にも分からない。
でも、どんな時代に生まれても、人間は人間。
それほどかけ離れたことを
感じたり考えたりしているわけではないのだ、
と『王者の妻』を読むと思えます。

女性が表舞台に現われてこない戦国時代、
でも女性が何も思っていないし
歴史にまったく関わりがないと思ったら大間違い!
という永井路子さんの視点が好き。
男性にも読んで頂きたい小説です。



『王者の妻―秀吉の妻おねね〈上〉』
一介の草履とりから、
ついには天下人となった王者・秀吉。
そして14歳で秀吉に嫁いだ妻おねね。
平凡な夫婦に見えた2人だったが、
地位が上がるにつれ
秀吉の浮気癖と権力欲が
頭をもたげてくるのだった…。
王者の妻となりながらも
庶民的なままであったおねねの姿を通し、
戦国の女性たちが抱える
様々な問題を取り上げた長編歴史小説。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
王者の妻

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック