★5つ。

『巷説百物語』シリーズ3作目。
時は江戸から明治へと移る。
新時代の若者たちに不思議な話を語るのは、
一白翁(いっぱくおう)と名乗る老人-
若かりし頃、御行(おんぎょう)又市一味と
行動をともにした山岡百介。

年老いた百介、百介の話の中にだけ現われる又市たち。
「妖怪」が消えていく世の中、それを静かに受け入れる百介。
読んでいるほうも、時代が流れる寂寥感を
受け入れなければなりません。
文明開化の騒ぎの中、日本人は大切なものを
置き忘れて進んでしまったのではないか…
という思いが湧いてきます。

百介は又市たちと離れた後、
あまり幸せではなかったように見えてしまいます。
夢を無くし、ただ生きて…。
だから、ラストは百介にとってきっと良かったのだ、と思えて
切ないけれど温かい。
登場しない又市が
どこかでずっと百介を見守っていてくれたように思えるし、
百介もきっとそう思ったのだろう、と。
前作『続巷説百物語』の
身を切られるような悲しいラストとはちがい、
古きよき時代が行ってしまった寂しさを感じる、
味わい深いラストでした。

6つある短編のうち、最後の2作「五位の光」「風の神」は
京極堂シリーズとの関わりが。
京極夏彦さんの小説はいつも凝っているなあ、という感想。
又市の仕掛けによって人に憑いた「妖怪」を
後の時代に京極堂が落とす…
巷説百物語シリーズと京極堂シリーズ、
両方読んでいるとそのつながりが不思議で、面白い。

巷説百物語シリーズ、残るは1作。
今のところ、この『後巷説百物語』が1番好きですが
又市の過去を描いた『前巷説百物語』も楽しみです。



『後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)』
文明開化の音がする明治10年。
古き世に惹かれる笹村与次郎らは
一白翁と名乗る老爺を訪ねる。
若かりし頃、怪異譚を求め諸国を巡った
老人が語る、怪しく、悲しい昔話。
胸によみがえるは、鈴の音と、
忘れえぬあの声…御行奉為―
第130回直木賞受賞作品。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪前巷説百物語(さきのこうせつひゃくものがたり)  | 後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり) | 黒祠の島(こくしのしま)≫
コメント
後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのコメント
京極堂シリーズともつながっているんですね!!
さすが京極夏彦さん…
一冊買ったらまた「次」が欲しくなる作家さんです☆
2009/07/22(Wed) 10:51 | URL  | みに #-[ 編集]
>みにさん
京極夏彦さん、いつも凝った仕掛けで楽しませてくれます。
シリーズどうしでつながりがあったりして、
読めば読むほどまた次が読みたくなってしまうんですよね~。
2009/07/22(Wed) 14:19 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL