★4つ。

『巷説百物語』シリーズ、ラスト。
時は1番古く、描かれるのは若かりし頃の又市。
すごろく売りの小悪党・又市が、御行(おんぎょう)姿となって
裏の渡世を生きるようになるまでが語られています。

いつも冷静に仕掛けをほどこしていた又市の
若く、青臭い姿が新鮮。

「-辛かろうが悲しかろうが、
人は生きててこそじゃねェのかい」

人が死なずにすむように、
生きやすくなるように行う仕掛け。
熱い心と人情を持っているからこそ、
人の残忍な部分を見続ける人生を
送ることになってしまった又市。
後の彼は感情を現すことはほとんど無いけれど、
辛くて痛い人生だったのではないかと思います。
自分のようにならないよう、
百介の前から姿を消したのだろうなあ…
と、後に又市が取った行動についてまでも考えてしまいます。

特に最後の話「旧鼠」は惨くて
読んでいて胸が痛くなるけれど、
この事件があったからこそ
又市が裏の渡世に身を投じる決心をしたのだ、
ということがよく分かります。
人の優しさと残酷さが描かれていて、又市をはじめ
両方を見続けなければならない人々の悲しさが伝わってくる。

巷説-巷(ちまた)の夢。
巷の夢を紡ぐことで、
人が少しだけ生きやすくなるための手助けをする-
それが巷説百物語。
又市がなぜ夢を紡ぎ続けていたのか、
その理由が分かる『前巷説百物語』。
1番古い話があえてシリーズのラストになっている、
この順番だからこそ心に沁みるのだという感想です。



『前巷説百物語(さきのこうせつひゃくものがたり)』
弱り目崇り目悲しい目、
出た目の数だけ損をうる、
それが憂き世の倣いごと。
出た目の数だけ金を取り、
損を埋めるが裏の顔-。
明治へ続く巷説が、
ここから始まる百物語-。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪のうだま―やる気の秘密  | 前巷説百物語(さきのこうせつひゃくものがたり) | 後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)≫
コメント
前巷説百物語(さきのこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのコメント
遅ればせながら、読みました。

久々に小説を読んで震えました。
どこまでネタバレさせても良いのか分からないのであれなんですが、山崎さんの「あの場面」では思わず声まで出てしまい…人目のある所で読んでいなくて良かったです。

多くの作家さんは、あそこまで書かない…書くにしてもちょっと迷うんじゃないかと思うんです。
火の見櫓のシーンにしても、あれは実は替え玉の仕掛けでした、めでたしめでたしとした方が読者も気持ち良く本を閉じられるだろうし(私もそうあって欲しいと思いながら読んでいました)。

でも、下手すれば読者に反発されるかも知れない事を覚悟で、強大なものに向かえばそれなりの犠牲があり得るし、それは損得どころではない酷くて哀しい結果をもたらすかも知れないという「現実」を描き切った京極さん…痺れます。
かなり怖ェ…ですけど。

又市の背負ったものを知った上で先行のシリーズを読み直すと、また違った絵が見えてきますね。


2010/05/03(Mon) 22:38 | URL  | 淳 #-[ 編集]
>淳さん
こちらにもコメント、ありがとうございますっ。

巷説百物語シリーズ、進むごとにどんどんキツく、
どんどん印象深いものになっていったと思います。
暗くて惨い「現実」を真正面から見据えて描き、
しかもそれが物語として面白い
(というと誤解を招きそうですが…興味深い、というか)。
さらりと読める軽めの小説も好きですが、
京極夏彦さんのような作家さんがいてくれてありがたい、と思います。
目を逸らしがちな汚いものをそんなに見つめて、
京極夏彦さん自身はしんどくないのかな?なんて考えてしまいますが。

又市の人間くささを思いながら、先行シリーズもいずれ読み直したいです
2010/05/04(Tue) 10:37 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
前巷説百物語(さきのこうせつひゃくものがたり)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL