★5つ。

イラストレーター・上大岡(かみおおおか)トメさんの
「飽きっぽい」という悩みに、
脳研究者・池谷祐二(いけがやゆうじ)さんが
科学的に、でもとっても分かりやすく答えてくれています。

とにかく簡単、シンプルで1-2時間くらいでサラッと読めます。
物足りなく感じる人もいるかもしれないけれど
この手の本をあまり読んだことがない、
私のような人にはうってつけ。

脳の中にある淡蒼球(たんそうきゅう)
=「やる気」を生む蒼い玉を
どうコントロールして「やる気」を出し持続していくか、
今すぐ実践できる方法が書かれています。
すぐ飽きてしまうのは自分がダメだからじゃなく、
脳の仕組みがそうなっている、
っていうのが1番うれしいポイント。

そーか、運動や勉強などなど
続かないのは自分だけじゃないし
決して自分が悪いんじゃないんだ!と
ちょっとホッとしました。

上大岡トメさんの絵がかわいくって楽しめる。
もっと詳しく脳について解説している本も
ためになって面白いけど、
『のうだま―やる気の秘密』は
ど素人が実践していくにはとびっきり分かりやすくていい!
という感想です。

実際、この本を思い出して
やる気が出なくてもムリヤリ動き出してみたら、
思った以上にがんばれました!

要点をメモ書きしておいて
いつでも見られるようにしておこうかな。
何度も読み返して指南書とすれば
とっても役立つと思います。

コツを覚えて、目指せあおだまつかい!



『のうだま―やる気の秘密』
三日坊主になってしまうのは、
脳が飽きっぽくできているから。
「やる気」を引き出すためには、脳をだまして
脳の中の淡蒼球(たんそうきゅう)を
動かさなければなりません。
続ける技術とやる気の秘密を解いた本。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
のうだま―やる気の秘密

本の感想・レビュー記事へのコメント
へええ~!
脳の仕組みのせいだったんですね…ほっ。

上大岡トメさんの実用書は以前読んで、とっても参考になりましたね~。
これもぜひ読んでみたいです☆
2009/08/27(Thu) 10:54 | URL  | みに #-[ 編集]
>みにさん
そう、自分が悪いのではなくて脳の仕組みのせいらしいですよ!

軽~く読めますが、面白かったです。
すぐに実践できるのもよかったポイント。
おすすめです♪
2009/08/28(Fri) 16:29 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
のうだま―やる気の秘密

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL