★3つ。

築30年のみつばコーポラスの裏階段は、
人が滅多に通らないさびれた場所。
そこで出会う“妖怪”たちは怖くはないけど、
ちょっと困った事態を引き起こす。
“妖怪”に出会った子供たちのお話が3編。

妖怪たちはちょっと困り者だけど、
お茶目でなんだかかわいらしい。
それに出会った子供たちと大人たちが対照的。
初めは驚いても、妖怪も困った事態も受け入れて
1番いい対処法を考える子供たちはたくましい。
それに比べて、大人って…。
事態をなかなか受け入れられない頭の固さと
オタオタっぷりに思わず笑ってしまうけど、
きっと自分もこんな風にかっこ悪いだろうな、
とオトナの一員としては気恥ずかしくもなってしまう。

摩訶不思議な生き物たち、
こんな妖怪なら出会ってもきっと楽しい。
けれど、全体的にはちょっぴり物足りない感じが残ります。
同じく佐藤多佳子さんの児童書
『イグアナくんのおじゃまな毎日』
大人でも楽しめてじーんと来たのですが、
それと比べるとちょっと印象が薄いのは短編だからかな。
みつばコーポラスのほかの住人、
口うるさくて「おばば」と呼ばれてしまってる有沢さんとか、
もうちょっと人柄が分かるといい味が出そうな雰囲気なのに。

もう少しだけ描いてくれたら、きっともっと面白かった。
けれど、ほんわかして心穏やかに楽しめるところは素敵です。



『ごきげんな裏階段』
築30年のみつばコーポラスの裏階段は、
さびれてボロきたないけど、とびっきりの場所。
学も一樹もナナも、そこで、
ちょっとふしぎでちょっとこまった
生き物たちと遭遇する。
謎めいた味わいの3つのお話を収録。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪ビールボーイズ  | ごきげんな裏階段 | 幽談≫
コメント
ごきげんな裏階段

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ごきげんな裏階段

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL