★3つ。

ビールを愛する者として
読まないわけにはいかぬこのタイトル!
4人の仲間の友情を
ビールを通して語るという描き方も新鮮です。
年齢を重ねて行くにしたがい、
次第に形を変えていく彼らの友情が実に爽やか。

4人のうちの1人、薫に関しては
あの設定は必要だったのかなあって
ちょっと違和感が残るのだけど…。
“何事もサラッと受け入れてくれる気持ちのいい友情”を
強調するためにわざわざそういう設定にしたような、
意図的なものを感じてしまった。
それでも、疎遠になったり仲たがいしても
会えば昔に戻れる、
遠く離れてもお互いに「頑張れ」って思い合える、
そんな子供の頃からの友達っていいなあ、と感じました。

その時々の彼らとビールとの関わり方が懐かしい。
初めてビールを飲んだ時の「うわ、苦っ」っていう感想、
お酒の楽しみを知り始めた頃の
量さえ飲めればエライ!という感覚、
そしてだんだん、味わうことを覚えていって…という
なんだか身に覚えのある変化が
見事に再現されています。

章と章の間にあるビールに関するコラムも楽しい。
4人のリーダー格・正吉が取り組む
地ビールづくりの問題点、
コラムがあるからよく分かって正吉を応援したくなる。

実は地ビールって
あまり美味しい印象が無かったのですよね…。
でも『ビールボーイズ』を読んで
ちょっと印象が変わってきました。
地ビール=美味しくない、と思うのは
活きがよくないマグロを食べて
「マグロはツナ缶に限る!」って言うのと同じこと、
という説明に思わず納得。
原料・製法・保存方法、すべてにこだわった地ビールを
味わってみたくなりました。

作者の竹内真さん、こういう爽やかな小説が得意のよう。
とてもスッキリした読後感です。



『ビールボーイズ』
北海道の新山市、
正吉ら12歳の仲間たちは秘密基地に集った。
ビール工場の閉鎖で、
家族と町を離れることになった少女を偲んで-
彼女を転校させてしまう“ビール”なんて、
皆で飲んでしまおう!
12歳から30歳まで、
ビールで結びついた4人の友情の軌跡。

参考:「BOOK」データベース/
出版社・著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
ビールボーイズ

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
ビールボーイズ

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL