★4つ。

お金の話って、あまり人としない。
だけど、「何にいくらお金を出すか」って
その人の価値観が最も現われるところ。
『しあわせのねだん』は、
何にいくらお金を出すかを語ることで
角田光代さんの価値観がよく分かるエッセイです。

角田光代さんのエッセイ、
すごく共感できる部分とまったく分からない部分があって
その混沌さ加減がとても気になる、という感想。
『しあわせのねだん』は「お金」という
はっきりとした基準があるから、
「これは高い!」「これは安い」と
すんなり判断できて面白かった。

角田光代さんの金銭感覚がまた面白い。
服や化粧品にほとんどお金をかけず、
反面、お酒にはがっつりお金をかける…。
自虐的な話がイジイジしないで面白おかしく書かれていて、
さらさらと楽しく読めます。

“20代のとき使ったお金がその人の一部を作る”
という言葉にはちょっとドキッとさせられました。
私が20代の時…
無駄遣いばっかりしていたような気がするけれど、
きっとそれはムダではないんだよね?
と自分に確認してみたり。

角田光代さんが出会った
“貯金ばかりしていた中身がなんにもない人”
にはなりたくないな。
貯金じゃなくても、人に合わせて
納得できないことにお金を使っていると、
やっぱり“中身がなんにもない人”に
なっちゃうんじゃないか、と思う。

使ったお金が将来の自分を作るなら、
ムダじゃない無駄遣い、
自分の血となり肉となる無駄遣いをしたいな、と
『しあわせのねだん』を読んで思いました。



『しあわせのねだん』
「私たちはお金を使うとき、品物といっしょに、
何かべつのものも確実に手に入れている」

多機能の電子辞書。
輝かんばかりの女になるための化粧品。
母との忘れられない旅…。その値段は?
お金は何をしてくれて、何をしてくれないのだろう。
日々と物欲のくらしから垣間見た、幸福のかたち。

参考:「BOOK」データベース

 
関連記事
≪大結婚詐欺師  | しあわせのねだん | 奥様はネットワーカ≫
コメント
しあわせのねだん

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
しあわせのねだん

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL