★4つ。

2009年、最後の更新です。
最後の感想も、去年から今年にかけて1番読んだ京極夏彦さんで。
泉鏡花文学賞受賞の『嗤う伊右衛門(わらういえもん)』です。

「四谷怪談」と言えば、怖い怖い幽霊・お岩さんの話。
だけど四谷怪談をベースとした『嗤う伊右衛門』は
いわゆる“怪談話”ではありません。
怖ろしいのは幽霊ではなく、人の心の暗闇。
人が抱える悲しさ、おぞましさ、
薄い幕1枚で隔たれた正気と狂気、
不幸になると分かっていながらどうにもならない人の業。
京極夏彦さんの小説を読んだ時に感じるそれらのものを
『嗤う伊右衛門』では怖ろしく強く感じました。

生真面目で不器用すぎる伊右衛門、
病気で顔が崩れても美しく正しくあり続けるお岩。
愛し合っているのに分かり合えない、
分かり合えないのに愛し合っている2人の姿は
あまりに哀しく、歪んでいて…
それゆえに、身を切られるほど痛々しく美しい。

ほかの登場人物も、それぞれに哀しい。
自分が抱えた暗闇に飲み込まれてしまった人々ばかり。
グロテスクで救いが無く、切なくて痛い。
その姿が胸に刺さるのは、誰の中にも、自分の中にも
彼らが持っていたような暗闇があるからなのでしょう。

『巷説百物語』シリーズの又市が大きな役割を果たしています。
あの又市にこんなことがあったのか、
と思いを馳せるのもまた醍醐味。
京極夏彦さんの小説はいつもながら少しずつリンクしていて、
そこがまたハマってしまう要素です。

あまりにも痛くて、「大好き!」とは言い切れないから☆4つ。
ですがインパクトと心に残る度合では☆5つ。
京極夏彦さんが描く、人であるということの哀しみが
ぎゅっと凝縮されているかのような『嗤う伊右衛門』。
最後に「嗤った」伊右衛門の姿が心に刺さります。



『嗤う伊右衛門(わらういえもん)』
生まれてこのかた笑ったこともない
生真面目な浪人、伊右衛門。
疱瘡を病み顔崩れても
凛として正しさを失わない女、岩。
幽霊よりも怪異よりも、
怖ろしいのは人の心の暗闇-。
極限の愛の物語へと昇華した「四谷怪談」。
第25回泉鏡花文学賞受賞作。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪宵山万華鏡(よいやままんげきょう)  | 嗤う伊右衛門(わらういえもん) | タルト・タタンの夢≫
コメント
嗤う伊右衛門(わらういえもん)

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
嗤う伊右衛門(わらういえもん)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL