★5つ。

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2010年最初の本の感想は、森見登美彦さんの
『宵山万華鏡(よいやままんげきょう)』
思いっきり季節外れですが、
華やかさがどこか新年っぽいかな、とこじつけです。

日本三大祭りの1つ、京都の八坂神社の祇園祭。
7月を通じて行われる長いお祭りのうち、出店が立ち並び、
毎年40万人もの人々が集まる最も華やかな日が7/16の宵山。
『宵山万華鏡』はその夜、現実と不思議の挟間を歩く人々を描いた
連作中篇集です。

宵山の華やかさは人が本来踏み込んではいけない世界と隣り合わせで、
だからこそ奇妙で美しく、少し淋しくて少し怖い。
話ごとにコミカルだったり怖かったりと趣がちがうけれど、
すべては同じ“宵山”という夜の中で起こるできごと。

前の話の主役が次では通行人として登場したり、
最初の話と最後の話が
おなじできごとをちがう角度から見たものだったり、と
『宵山万華鏡』全体で
“宵山”という1つの万華鏡の世界が紡ぎだされています。

奇妙な世界にするっと入っていってしまう登場人物たち。
そこの角を曲がれば、扉を開ければ、
妖しの世界にスッと行ってしまって帰って来られないような、
それでもちょっとその世界をのぞいてみたいような気分に。

祭りのキラキラした華やかさ、
馬鹿馬鹿しいことに怖ろしく真面目に取り組む
情けなくも愛おしい学生たち、
日常のすぐそばに奇妙な世界への入り口が
ぽっかりと開いているような緩やかな恐怖…
森見登美彦さんが描くエッセンス、
すべてがぎゅっと凝縮されているかのよう。

中篇どうしのつながりはもちろん
いつものように別の小説ともリンクしているのも楽しい。
現実と不思議の挟間を思う存分楽しめて、
今まで読んだ森見登美彦さんの本の中でも相当お気に入りになりました。
 
“祇園祭宵山”がどういったものかよく知らずに読みましたが、
華やかな夏祭りの雰囲気をたっぷりと楽しみました。

真冬に読んじゃったけど、宵山の季節にもう1度読みたい。
そして宵山、ぜひ行ってみたくなりました。
奇妙なものと出逢ってしまいそうで、かなりドキドキしそうだけど。



『宵山万華鏡(よいやままんげきょう)』
祇園祭宵山の京都。
熱気あふれる祭りの夜には、
現実と妖しの世界が入り乱れ、
気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。
幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、
失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。
くるくるとまわり続けるこの夜を
抜け出すことは、できるのか。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪日々ごはん〈1〉  | 宵山万華鏡(よいやままんげきょう) | 嗤う伊右衛門(わらういえもん)≫
コメント
宵山万華鏡(よいやままんげきょう)

本の感想・レビュー記事へのコメント
はじめまして。

少し前に、『宵山万華鏡』を読みました。
森見作品としては、普段のアホっぽさだけではなく、幻想的な描写が多くて異色な作品だった印象があります。
2010/01/06(Wed) 16:00 | URL  | 51 #DprG3hhs[ 編集]
>51さん
はじめまして、コメントありがとうございます!

『宵山万華鏡』、幻想的な描写が多く、お祭りの華やかさが感じられましたね。
森見さんのアホっぽい文章も好きですが、こういう描写もまた大好きです。
よろしければまたお越し下さい♪
2010/01/07(Thu) 22:31 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
宵山万華鏡(よいやままんげきょう)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL