★3つ。

大好きで繰り返し読んでいる
ジーン・ウェブスターの『あしながおじさん』。
『おちゃめなパッティ』は『あしながおじさん』より前、
1911年に発表された作品です。

主人公パッティが高校で遭遇する事件が
次々と描かれて、ドタバタ感が少々強い。
完成度はやはり『あしながおじさん』のほうが
上じゃないかな、という感想です。
パッティも他の少女達も明るく元気でかわいいけれど、
一人ひとりの印象が若干薄く感じました。
特にパッティの大親友2人、
とっさに名前すら思い出せないのがちょっと寂しい。

見分けがつかない、という印象はあるけれど
“明るく元気な女の子たち”という面で見ると
彼女たちはとっても生き生きしていて、
こんな子たち、いそうだなーと思えます。
厳格そうに見える学校でも
生徒たちはその中で抜け道を探して
案外たくましく毎日を送っているのが微笑ましく、
とても身近に感じます。
まだ女性に選挙権もない時代のアメリカで、
自分の個性を存分に発揮させようとする
パッティやクラスメイトたち。
ふとした時に、あ、100年も昔の話だっけ?と
驚かされてしまいます。

若い彼女たちから見た大人たちが抱える問題、
それに自分たち流に立ち向かおうとする
元気のよさは清々しい。
純粋な目で社会を見たら
なんておかしなことが多いのか。
理不尽なことに憤るまっすぐな気持ちには
心が揺さぶられます。
パッティが自然に持っている反骨精神、まっすぐさは
『あしながおじさん』のジュディに
引き継がれているなあ、と思います。 

唐突に卒業で終わってしまった…と思ったら
続編は『おちゃめなパッティ 大学へ行く』
(ホントはこっちが最初の作品だそうですが)。
少し大人になったパッティが気になるところです。



『おちゃめなパッティ 』
由緒正しく規律に厳しい女学校に通う
いたずら好きのパッティ。
そのストレートな生き方で、学園に嵐を巻き起こす!
正しさ、優しさを貫いて、
周りの人々も巻き込みながら
成長していくパッティたち。
「これぞアメリカ!」な青春小説。

参考:「BOOK」データベース /
出版社・著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
おちゃめなパッティ

本の感想・レビュー記事へのコメント
「おちゃめなパッティ」の主人公・パッティは100年前の女の子にしてはものすごくおてんばですね。
ルームメートにわざと嫌われて仲良しの友達と同じ部屋になるように仕組むずる賢さの半面、
困った人は全力で助ける優しいところもある女の子でした。
でも少々やりすぎなところもありますが…(^^;)
また当時の従業員として日本人の移民の男性が登場するのですが、この頃日本人はもう
アメリカになじんでいたのかと思うと、このあたりにも歴史を感じました。
2010/01/25(Mon) 22:43 | URL  | 日月 #ffVU29mw[ 編集]
パッティは100年前の人とはとても思えないような、
おてんばで元気な女の子ですね(*^-^)
『あしながおじさん』でもそうでしたが、
国や時代・状況がちがっても
共感できるところがあって、嬉しくなりました。
そうそう、日本人の男性が登場しましたよね!
100年も昔の話だと思うと感慨深いものがあります。
2010/01/26(Tue) 23:22 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
おちゃめなパッティ

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL