ヴァン・ショーをあなたに近藤史恵

★4つ。

下町の小さなフランス料理店、
ビストロ・パ・マルの三舟シェフがちょっとした謎を解決する。
近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』の続編
『ヴァン・ショーをあなたに』、前作と同じく楽しめました。
人と人との結びつきに心のこもったお料理が絡む。
時に切なくもあるけれど、心暖まる読後感です。

最初の「錆びないスキレット」は悲しい話だけど、
スタッフの志村さんの好感度がぐっとアップ。
(猫好きさんならきっとみんなそう…)

「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」では
三舟シェフの意外な一面がちょっとかわいく思えたし、
2人ともいい味出してるな、という感想。

「氷姫」「天空の泉」「ヴァン・ショーをあなたに」は
語り手がいつもの高築くんではなくて驚きました。
(「氷姫」は高築くんかと思ったけど、イメージがあまりに違うし
高築くんらしき“若いウェイター”が出てくるのでちがうんじゃないかな?)
「氷姫」「天空の泉」は雰囲気が大人っぽくて、
近藤史恵さんの小説にはこんなタイプの話もあるんだ、
と意外で面白かったです。

「ヴァン・ショーをあなたに」は
ビストロ・パ・マルで何度も出てくる
ヴァン・ショー(=ホットワイン)の秘密が分かって、
『タルト・タタンの夢』から読んでいるとうれしくなってしまう。

相変わらず、美味しそうなお料理がたくさん出てきます。
特に美味しそうだったのは、
ミリアムおばあちゃんのヴァン・ショーと
三舟シェフが修行時代に通ったお店のトリュフオムレツ。
ビストロ・パ・マルに行ってみたい、という気持ちには
『タルト・タタンの夢』を読んだ時のほうがなったけれど、
単に料理の好みの問題かも
(野菜だけのフレンチやブイヤベース、
それほど好みでは無いので…)。

相変わらず高築くんのキャラが薄いのが少し残念。
続編があるなら、彼がどうしてビストロ・パ・マルで
働くようになったか、なんて知りたいな。
ソムリエの金子さんが主役の話も面白そう。

ビストロ・パ・マルの気取らないフレンチ、
またじっくりと味わいたいです。



『ヴァン・ショーをあなたに』
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。
気取らない料理で客の舌と心をつかむ
変わり者の三舟シェフは、
客たちの不可解な謎をあざやかに解く名探偵。
ブイヤベース・ファンの新城さんの正体は?
ミリアムおばあちゃんが
夢のようにおいしいヴァン・ショーを
つくらなくなってしまったわけは?
絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ。

参考:「BOOK」データベース
関連記事


読書ブログランキングに参加中。
よろしければ クリックお願いします ↓
投票♪
コメント
今回は高築くん以外の語り手も出てきて作品のパターンに幅がでてきましたね。「タルト・タタンの夢」に比べて少し切ない内容が多かった気がします。「マドモアゼル・ブイヤベース」はちょっと空気読めない女性で、好きではないのですが、振り回されて焦る三舟シェフはかわいらしかったです。
近藤さんはミステリのほかに「アンハッピードッグス」という恋愛小説もてがけていて「氷姫」「天空の泉」に近い、ちょっと切ない大人のラブストーリーです。こちらもおもしろいですよ。

>日月さん
1度書いたお返事コメント、誤って消してしまいました(・・;)
『ヴァン・ショーをあなたに』は色々なイメージの話があって面白かったです。
三舟シェフのちょっと照れ屋な一面も分かって、親近感が湧きました。
近藤史恵さんの本には恋愛小説もあるのですね。
ほかの本も読んでみようと思ってます。

トラックバック
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
ベーグル焼いたり、本読んだり。

ベーグル焼いて売るのがお仕事。

るん

備忘録といいますか、
読後に自分の中に湧く気持ちを言葉にして、
ついでにブログにしてみました。

北海道 札幌市北区の手ごねベーグル専門店
「ベーグル屋 ここのわ」ホームページはこちら

Instagram(インスタグラム)はこちら

猫友日めくりカレンダー2018
うちの猫さんは 6/17♪

猫友日めくりカレンダー
本のおすすめ度カテゴリー
つぶやき

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ