★2つ。

知人が浅田次郎さんにハマっていて薦められました。
最初に読むなら…と、
映画にもなった『鉄道員(ぽっぽや)』を読了。
読んでみるまで短編だと知らなかったのだけれど。

そんでもって感想なのですが…
うーん、この短編集は好みではないです。
ぐっと来るところもあるんだけれど、
死者や霊が出てくる話が多く
泣かせようとする意図を感じてちょっと引いてしまった。

『鉄道員(ぽっぽや)』は優しい話でまだ素直に読めたけど、
北海道弁が気になって仕方なかった!
こういう訛りで話す人もいると思うけど、
文章になってしまうとかなり大げさで
道民だからこそ引っかかる…。
「オリヲン座からの招待状」の京都弁も、
京都の人が読むとちがうのかなあ、なんて思ったりして。
ほかの短編も、素敵な奇跡が起こるけれど
あまり好感を持てない主人公だったりして、
最後まで素直に入り込めないままでした。

残念ながらこの短編集は相性があまり良くなかった。
それでもぐっと来るところもあったし、
1冊だけで合わないと決めつけることはあまりしたくない。
浅田次郎さん、色々な作風があるようなので
もう1度、まったくちがう作品を読んでみたいと思っています。



『鉄道員(ぽっぽや)』
娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、
男は駅に立ち続けた-。
心を揺さぶる“やさしい奇蹟”の物語。
「鉄道員(ぽっぽや)」はじめ、
「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。
第117回直木賞受賞作。

参考:出版社・著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
鉄道員(ぽっぽや)

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
鉄道員(ぽっぽや)

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL