今度の悪魔とどうつきあうほか、色んな作家

★3つ。

なんとも不思議なお話でした。
作者のこばやしユカさんは
(少なくともこの本が書かれた'91年頃には)
コピーライターで、雑誌『Hanako』などにエッセイを連載していたらしい、
くらいしかネットで検索してもよく分からない…。
それでよけいに不思議に感じるのかも。

『今度の悪魔とどうつきあう』には、
都会に生きる“変なヒト”たちの
ちょっと奇妙な情景が描かれています。
ストーリーと呼べるほどのストーリーはない。
曖昧な世界をなんとなく楽しんで読めたのは、
こばやしユカさんが選ぶ言葉がキライじゃないからだと思う。
章のタイトルも変わってて、

SCENE8
どこかで、なにかが起こってる。
<どこかがどこかへ紛れ込む。
気づかぬわたしは、今日も無邪気に、
自分の夢を生みおとす。
コケコッコ。

なんて、章のタイトルとは思えない文章が並んでます。
ちょっと不思議な感覚の言葉たちが、
奇妙にふわふわした世界を作り出している。
本全体が夢の中の光景のよう、という感想。

「気がついたら、ヒントばかり。
わたしは、ぐるりととりかこまれてる。
…見つからない、見つからない。
ヒントばかりでゴールがない。…」

このお話自体が、ヒントばかりでゴールがないみたい。
日常なんてこんな感じで、
答えなんてないんだよなあ…っていう気がしてきました。

ストーリーを楽しむことも小説の醍醐味だけど、
『今度の悪魔とどうつきあう』では
何も起こらず、答えもない世界に漂う感じを楽しみました。
ふわふわ読むのがちょっと楽しい、ヘンな小説。 



『今度の悪魔とどうつきあう』
ケーキにおのれの心象風景を
デコレーションとしてほどこす諌足よし江。
いつも3Dメガネのおおかみくん。
問題があるとワンピースに閉じこもる
真昼野けいこと、
都会に生きる変なヒトとの交遊録。
  
参考:「MARC」データベース
関連記事


読書ブログランキングに参加中。
よろしければ クリックお願いします ↓
投票♪
コメント
トラックバック
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
ベーグル焼いたり、本読んだり。

ベーグル焼いて売るのがお仕事。

るん

備忘録といいますか、
読後に自分の中に湧く気持ちを言葉にして、
ついでにブログにしてみました。

北海道 札幌市北区の手ごねベーグル専門店
「ベーグル屋 ここのわ」ホームページはこちら

Instagram(インスタグラム)はこちら

猫友日めくりカレンダー2018
うちの猫さんは 6/17♪

猫友日めくりカレンダー
本のおすすめ度カテゴリー
つぶやき

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ