★3つ。

「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」シリーズ、
講談社ミステリーランドの1冊。
初めは単純明快な探偵小説のようだけど
乙一さんだもの、これで終わりはすまい…
と思ったらやっぱり、という感じ。
ヒーローもの、謎解きものじゃ終わりません。

主人公リンツ君と彼を取り巻く人々の
心理的駆け引きにドキドキさせられました。
子供向けに書かれたお話は
“いい人”と“悪い人”がくっきりと分かれていたりするけれど、
『銃とチョコレート』の登場人物たちは皆グレーゾーンにいる。
“いい人”をいつまでも信じていいとも限らないし、
“悪い人”だからとことん悪くて信じられないとも限らない。
そんな人間たちに現実感があるな、という感想です。

最後には、周囲の誰に対しても少し疑いの気持ち、
この人だって変わってしまうかも、裏切られるかも…
という思いが残り、読後はあまり後味が良くなかったな。

これまで読んだ乙一さんの小説は
最後はもっと暖かみを持ってしめられていたか、
もしくは人間の怖い闇の部分を描ききっているか、だったように思う。

『銃とチョコレート』では
人の暖かみよりも黒い部分の印象のほうがキツく残り、
かと言って人の闇を描ききった訳でもなく、
正直ちょっと中途半端な印象。
やさしい文章で書かれているけれど
絵はとても不気味(緻密でキレイだけど、人間が恐い!)、
そんなアンバランスさからも
中途半端な印象が生れているのかもしれない。

せめて本の世界においては
モヤモヤしつつも暖かい、絶望していてもどこかに希望が残る…
という終わり方のほうが好き。
乙一さんの作品なら、『銃とチョコレート』よりも
もっと好きなものがあるなあ。

けれど、読み応えはすごくあった。
ミステリーランドシリーズ、小野不由美さんの『くらのかみ』も
子供向きとは思えないようなインパクトのあるものでした。
児童書と呼ばれるファンタジーものは基本的に好きで、
でも何でもいいって訳じゃなく、
どんな年代の人が読んでも面白いものが読みたい。
ミステリーランドシリーズには注目したいです。



『銃とチョコレート』
少年リンツの住む国で
富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。
現場に残されているカードの文字“GODIVA”は
泥棒の名前として国民に定着した。
その怪盗ゴディバに挑戦する
探偵ロイズは子どもたちのヒーロー。
ある日リンツは古びた手書きの地図を見つける。
リンツはその地図が怪盗ゴディバ事件の
鍵をにぎるものだと確信し、
「怪盗の情報に懸賞金!」を出すという
探偵ロイズに知らせるべく手紙を出したが…。

参考:「BOOK」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
銃とチョコレート

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
銃とチョコレート

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL