★4つ。

高山なおみさんの初めてのエッセイ集、『諸国空想料理店』
まだ“エッセイスト”という肩書きの無い、
レストランKuuKuuのシェフである高山なおみさんが
自由に書いた雑記なんだけど、
本当に面白くて人の心を惹き付ける文章。
エッセイストとして人気が出るのもそりゃ当然だ、という感想。

地球上の様々な国にある様々な料理。
日本で完全に同じものを作ることはできないけれど、
想像を働かせて「**風」料理を作ったり食べたりすることで
その国を旅することができる、それが「諸国空想料理」。
基本的に日々のご飯は
土地に根付いたものが1番美味しいと思うけど、
料理には人の想像力を刺激する楽しさもある、と気づかされました。
綿密なレシピや取り寄せた素材を使わなくてもいいじゃないか、
という力が抜けた姿勢も好ましい。

「諸国空想料理」についての話も楽しいけれど、
日々料理と向き合う中でのエピソードも楽しい。
KuuKuuの女性スタッフの1人は、どんなに忙しくても
まな板の上はいつもスッキリしていて音を立てずに料理する。
その姿はとても綺麗で憧れるけれど、
「調理台の上もまな板の上も頭の中もいつも混乱している。
だから動きも大雑把でムラがある。」
という高山なおみさんに好感と共感を覚えてしまいます。

食事のマナーについてのエピソードも印象的。
和食やコース料理などにきちんとしたマナーがあるのは
美味しく食べるため、でも毎日だと疲れてしまう。

「私の料理を食べる人は、みんな背中を丸め、
口を突き出し、汁をすすり、手づかみでむしゃぶり喰う。
まことに申し訳ないがそれが
“いちばんおいしく食べられるかたち”なのですスイマセン。」
楽しい人と楽しい場所でくつろいで食べる美味しさが
高山なおみさんのエッセイには感じられます。

食に愛情を持っていること、きっちりとし過ぎてないこと、
そのきっちりしてなさを飾らずあっけらかんと書く素朴さ。
高山なおみさんの文章の魅力がすでにいっぱい詰まっています。
シェフとして現役の姿は現在より力強くあるようで、
ゆったりとした今とはちょっとちがった魅力も感じられました。



『諸国空想料理店』
旅先で出会った料理を日本で作れば
一気にその地へ旅できる。
心身の疲れも切ない恋も、
温かい料理がほぐしてくれる。
KuuKuuのオーナーだった南椌椌さんによる
シェフ高山なおみ誕生秘話も収録された
料理人・高山なおみの処女エッセイ集。 

参考:「BOOK」/「MARC」データベース

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
≪あやし  | 諸国空想料理店 | プラネタリウムのふたご≫
コメント
諸国空想料理店

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
諸国空想料理店

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL