★3つ。

宮部みゆきさんの時代物。
江戸の世に起こるふしぎ噺が9編。
怖ろしいことが起こるけれど、ほんのり暖かい話もあり
色々な読後感を楽しめます。

女性の嫉妬や思い込みの怖ろしさが
ポイントとなる話が多かったように思います。
人情も同時に描かれた話も多くて
やわらかい印象があるけれど、
何だかねとっとした、張り付いてくるような
怖ろしさがあるな…という感想です。

現代よりも“あやしのもの”が身近なものであった江戸の世。
『あやし』に登場する人々にとって
遭遇する怪異は確かに怖ろしいことなのだけれど、
案外身近なものであるような印象です。
読んでいるとこちらまで、あやしのものが身近に現われても
不思議じゃないように思えてしまう。

何より怖ろしいのは、
“あやしのもの”とは化け物ではなく、人の心である、ということ。
ちょっとした出来心や不注意で
人の嫉妬や恨みを買ってしまうこともある。
なぜこんな目に合わなくてはならないのか、
訳も分からぬまま怖ろしい目に合ってしまった人々の姿に
自分にも同じようなことが起こりうるかも…
と思えてしまって少し背筋がぞっとする。
自分が恨みを買うこともあれば、恨むほうに回ってしまうかも。
誰かの心の狂気に触れてしまった怖さは
暖かさもある分どこか身近なものに思えて、うすら寒さが残ります。

京極夏彦さんの小説にあるような
狂気に走ってしまった人間の痛いほどの哀しみは無いけれど、
ちょっとぞくっと来て、ちょっと切なくなる。
ほっとしたり、また怖くなったり、
様々な形であやしの世界を味わいました。



『あやし』
その話が、どういうふうに終わるのか、
おまえは、ちゃんと聞いたのか?
-どうしたんだよ。震えてるじゃねえか。
悪い夢でも見たのかい…。
月夜の晩の恐い恐い、江戸ふしぎ噺・9編。

参考:出版社/著者からの内容紹介

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
あやし

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック