★4つ。

豆腐を載せた盆を片手に、ただ立ち尽くすだけ…
というマヌケな妖怪、豆腐小僧。
1つ聞いたら1つ忘れる、ちょっとおバカさんな豆腐小僧が
様々な妖怪に出会いながら
「なぜ自分は存在するのか」という大きな謎の答えを求めて旅をする。

『豆腐小僧双六道中ふりだし』
物語仕立てにはなっているけど、
京極堂シリーズや巷説百物語シリーズのような
緻密なストーリではありません。
滑稽な物語の形を借りた
妖怪の成り立ちについての解説書、といった感想。
人々がどのように妖怪を創り上げていったのか、
妖怪たちが人間社会においてどんな役割を担っていたのか、
豆腐小僧と一緒に「へー」と思いつつ学んでいけます。

この妖怪論、京極夏彦さんのオリジナルなのかな?
妖怪論ってほかに読んだことが無いのでよく分からないけれど、
きっと豊かな知識を元に京極夏彦さん独自の解釈を加えて
しっかりと考え抜かれた妖怪論なんだろうな、と想像できます。
妖怪「滑稽達磨」が語る禅に基づいた話など、
少々難しく感じるところもあるけれど
落語風の軽い語り口ですいすいと読めます。

そして妖怪を排除してしまった現代社会に対して、
疑問を投げかけられているような気もしてきます。

「…訳の解らぬ怖いモノを、畏怖心、嫌悪感、不快感と細分化し、
更に様々な解釈を加え、それぞれに規定して、
爪を抜き牙を抜いて飼い馴らし、最後には笑い物にしてしまう-
その笑いモノこそが我等妖怪なのだ」

妖怪を単なる想像の産物として、本当にそれでいいのか?
社会においてうまく機能していた
「妖怪」というものに代わる何かを
現代の社会はまだ見つけていないのではないのか?
そんなことを考えると、
昔に返って「妖怪」を信じてみたい気になってくる。
ストーリーよりも「妖怪」そのものが興味深く思えました。



『豆腐小僧双六道中ふりだし』
「なぜ、手前は豆腐を持っているんでしょうか?」
自己の存在理由に不安を抱く妖怪「豆腐小僧」。
数々の異種妖怪に出会いながら、
自らの存在理由を求めて旅をする。

参考:Amazon / 出版社・著者からの内容紹介
関連記事
コメント
豆腐小僧双六道中ふりだし

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
豆腐小僧双六道中ふりだし

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL