★4つ。

小学校1年生になったばかりのかのこちゃんと、
ちょっぴり不思議な猫のマドレーヌ夫人。
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』は1人と1匹が等しく主人公。
どちらも実に生き生きとしています。

「響きが気に入った」という理由で
難しい言葉を意味も分からず覚えるかのこちゃん。
男子対女子の勝負や、どこかがヘンなお茶会ごっこ。
「刎頚(ふんけい)の友」すずちゃんとの出会い。
すべてが初めて経験することで
悩んだり辛かったり、とびっきり楽しかったり…
そうそう、子供の頃ってこんな感じだった!
と懐かしい気分になりました。

マドレーヌ夫人のほうはと言うと、
まずは彼女の「夫」に驚いて心を掴まれ
その生活に引き込まれていく。
個性的な猫たちが集う猫の集会、
本当に猫同士こんな会話を交わしているのかも、
という気がしてきます。
万城目学さん、小学校1年生の女の子や猫の世界を
よくここまで生き生きと書けるなあ、と感心しきり。

生き生きとしているからこそ、
1人と1匹が出会う不思議な出来事もスッと信じられるし、
彼女たちが経験するお別れに心が痛くなる。
まだ小さいかのこちゃんだけれど
別れの切なさや寂しさをしっかりと受け止めて、
どうすべきかをきちんと自分で考えている。
お転婆なかのこちゃんが
別れにじっと耐える姿に胸を衝かれました。
かのこちゃんにとってこの別れは、
悲しくても大切な大切な経験になるんだろうな。

そして、独立独歩の猫らしい猫、マドレーヌ夫人。
干渉はしない・されないけれど、周りの人間や猫、
「夫」に対し温かな気持ちをたくさん持っている。
互いの自由を尊重しながら想い合う彼女たちは大人で魅力的で…
それでも、お互いに自立しあっていてなお、
みんなが寄り添いあえる未来があればいいな、と思ってしまう。
生き生きとした登場人物+猫たちの想いが
じわりと心に沁みてくるお話、という感想です。

ところで、かのこちゃんのお父さん
(優しくかのこちゃんを見守る味のある人物)は
鹿としゃべったことがあるんだって。
これって、あの小説のあの人?じゃあお母さんは?
って勘繰ってみるのもまた楽しいものです。



『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
かのこちゃんは小学1年生の元気な女の子。
マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、
不思議や驚きに充ち満ちている。

参考:「BOOK」データベース


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
コメント
かのこちゃんとマドレーヌ夫人

本の感想・レビュー記事へのコメント
マキメさんのおはなしは日常の横っちょにちょこんと「不思議」が座っている感じがします。
それがほんとうにありそうに思えるから面白いです。

これを書かれていた頃、ちょうどマキメさんのお家にも女の赤ちゃんがうまれたそうです。(^^)
リアルかのこちゃんですね。
2010/11/01(Mon) 11:44 | URL  | 日月 #ffVU29mw[ 編集]
>日月さん
>日常の横っちょにちょこんと「不思議」が座っている感じ

ああ!そんな感じですね!
「不思議」が決して遠いどこかにあるわけじゃなく、
すぐそばにある感じ…そこが面白いところだと私も思いますっ。

>ちょうどマキメさんのお家にも女の赤ちゃんがうまれたそうです。

それは知りませんでした!
というか、マキメさんて独身のイメージでした…。
リアルかのこちゃん、どんな子がちょっと見てみたい気もします♪
2010/11/01(Mon) 17:16 | URL  | Run #-[ 編集]
なにやら猫好きの心をくすぐりますわん♪
>干渉はしない・されないけれど、周りの人間や猫、
>「夫」に対し温かな気持ちをたくさん持っている。
マドレーヌ婦人、イカしたレディですねー。
まったく婦人のようにありたいものです。
干渉するのもされるのも、まっぴらな性格なので
そんな風にしなやかに生きられたら素敵だなって思います。
後は「温かな気持ち」ですね。
これがなかなか、いつでも誰にでもって訳には
いかなくってねぇ……。
2010/11/04(Thu) 19:41 | URL  | comichiko #FyqV3IL6[ 編集]
>comichikoさん
猫好きも納得のお話でした♪
そうそう、猫ってこんな感じ!
ニガテな人には「冷たい」と思われがちな猫だけど、
そんなことないんだぞ!って(*^-^)
かのこちゃんもそんなマドレーヌ夫人を理解してる、
なんとも素敵で心地良さそうな関係でした。
マドレーヌ夫人のように軽やかに、温かくいられるのは私も理想です!
けれど、まあ、なかなかねぇ…
虫の居所ってヤツとか、ねえ…(笑)。
2010/11/05(Fri) 11:41 | URL  | Run #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
かのこちゃんとマドレーヌ夫人

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL