★4つ。

角田光代さんの小説って、
時にくらくらするほどのリアルさを感じることがある。
4月に映画が公開される『八日目の蝉』
まさしくそういう小説でした。

ここに描かれている事件が実際に起こったら、
「信じられない」という感想を抱くだろう。
だけど、第1章の主人公・希和子は
“不可解な事件を起こした不可解な人物”では決してない。

“娘”との生活にすべてを賭けている希和子と、
何も知らない彼女の“娘”。
2人の姿は、犯罪だとか、正しくないとか、 
そういったものを乗り越えて切なく、苦しく、迫ってくる。
暗いところにそっと身を潜めているような1章前半と
小さな島の美しい風景の中で過ごす後半との対比が
あまりに鮮やかで、よけいに
美しい風景の中で暮らすこの親子を引き裂きたくない、
という思いに駆られてしまう。
この生活が一瞬でも長く続いて欲しいと
希和子とともに願ってしまわずにはいられないのだ。

そして第2章の主人公となるのは、希和子の“娘”=恵里菜。
犯罪に巻き込まれていた彼女と周囲の人々は
必要以上に美化されたり、悲劇的に描かれたりしていない。
この立場だったらきっと自分も
こんなふうに考えるだろう、感じるだろう、
というリアルさがすべての人物に感じられる。
この小説の男性たちは優柔不断で卑怯で腹立たしいけど、
それでも彼らを嫌えない女性たちがまた
妙にリアルでイヤになる。

彼女たちが抱えている
こんなはずじゃない、どうして自分がこんな目に、という思いが
タイトルの『八日目の蝉』という言葉に表れている。
ふつうは七日で死んでしまう蝉だけど、
八日目に生き残ってしまった蝉もいるだろう。
それはひどく辛いことだけど、でも、

 「ぎゅっと目を閉じてなくちゃいけないほどに
  ひどいものばかりでもないと、私は思うよ」

登場人物たちはみな、八日目の蝉として
美しくない現実を力強く生きようとしている。
『八日目の蝉』のすごさ、面白さは
衝撃的な事件をあくまでもリアルに描ききり、なおかつ、
希望を感じさせてくれるところだと思う。
読後はどこか清々しく、人間の強さを感じられた。
弱くて、惑って、それでも必死に生き続ける人間の図太さを。

自分が八日目の蝉になったら、現実から目を逸らさず
美しいものを見つめていきたい。
「どうして、こんな」と今、思っている人々が、
自分を八日目の蝉だと感じている人々が、
それでも生きてよかったと、
これだけ美しいものが見られるのだからよかったと、
そんな日が来て欲しいと心から願う。



『八日目の蝉』
逃げて、逃げて、逃げのびたら、
あなたの母になれるだろうか-。
偽りの母子の先が見えない逃亡生活、
そしてその後のふたりに光はきざすのか。
理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。
第二回中央公論文芸賞を受賞した
著者初めての長篇サスペンス。

参考:「BOOK」データベース
/ 出版社・著者からの内容紹介

関連記事
コメント
八日目の蝉

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
八日目の蝉

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL