★4つ。

『スプートニクの恋人』、久しぶりに再読しました。
インタビュー集『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』
村上春樹さん自身が『スプートニクの恋人』について語っていた、

「とにかく全部ネジを締め、
余計なものはすべてはずして、
自分が納得いくものだけを」

詰め込んだ文体を味わいたかったから。

“文体を味わう”ことが最初の目的だったけれど、
読み進むうちにやっぱり話の世界に夢中になっていた。
この結末の無いような不思議なストーリーに対して
答えを求めた訳じゃなく、
そこに描かれている孤独に、改めてまた惹かれたのだ。

村上春樹さんの小説の登場人物たちは皆、孤独で、自由だ。
人は孤独だ。どんなにあがいても、最終的には孤独だ。
でも、「人は孤独だ」と認めることと、
諦めや投げやり、絶望はまったく違うものだ。
人は孤独だからこそ、求め合い、許し合い、愛し合う。
痛みがあるからこそ、他人の痛みを思いやることができる。
孤独でないなら、自分と他人が同一であるならば、
求め合う必要も愛し合う必要も無い。
自分は孤独ではない、と考えることは、
時として自分と他人を同一視し、
他人の痛みを理解しない傲慢さにつながることすらあると思うのだ。

村上春樹さんの小説を読むたび、
繰り返し繰り返し、私はそのことを感じている。
孤独で、自由である人間の存在。
そしてそれでも愛し合い、人とつながることの大切さ。

『スプートニクの恋人』、この奇妙なストーリーは
帯の"a weird love story"という言葉通り、
奇妙に見えてもやっぱりラブストーリーなのだと思う。

孤独な人同士が求め合い、すれ違い、傷つけ合い、許しあう。
語り手の“ぼく”はどれほど痛みを感じても、
孤独を安易に埋めることを選ばす、正面から受け止め、
真に自分が必要とする人を求め続けた。
そして、“ぼく”が恋した“すみれ”。
彼女が何を経験したかは本当には分からないけれど、
すみれもまた、自分の孤独から目を背けず、
真正面から受け止めたのではないかと思う。
彼らが取った行動の答え、
この先どうなるかは分からないけれど
少なくともこの時点での答えが、
最後の4ページにあるように見える。
その答えが万人に共通するものであるとは
もちろん思わないけれど。




『スプートニクの恋人』
a weird love story
*weird…とても奇妙な、この世のものとは思えない

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。
広大な平原をまっすぐ突き進む
竜巻のような激しい恋だった。
恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、
結婚していた。
更につけ加えるなら、女性だった。
それがすべてのものごとが始まった場所であり、
(ほとんど)すべてのものごとが
終わった場所だった。

参考:/ 出版社・著者からの内容紹介
関連記事
コメント
スプートニクの恋人

本の感想・レビュー記事へのコメント
こんばんは
だいぶ涼しくなりましたね~。
節電の夏も終わり、ようやく秋らしくなってきましたが、
体を壊さないようにして下さいね。

2011/09/28(Wed) 02:57 | URL  | りん #.zLyGMJk[ 編集]
>りんさん
すっっっかりお返事が遅れてしまってすみませんっ!!
最近では朝晩寒くて、冬用コートで通勤してます…。
急激な気温の変化でついていくのが大変ですが、
りんさんもお体にお気をつけくださいませ!
2011/10/05(Wed) 08:24 | URL  | Run #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/21(Tue) 11:43 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
スプートニクの恋人

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL