★4つ。

子供のころ読んだ「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズ。
最初の「小さいモモちゃん」はほのぼのとかわいかったけど、
巻が進むに連れ、重くて暗いできごとが描かれるようになっていって。
でもそんなできごとも、悲しいだけではなく希望があるものとして、
静かに優しく語られている。
だからこそその重みがじんわりと心に沁みていく、
そんな感想をずっと持っていました。

モモちゃんシリーズ、
最終巻が20年も!前に出ていたのを知って読みました。
そして初めて知った事実、
実際に松谷みよ子さんの家族を描いたお話だったのね…。
悲しい事実が優しさに包まれて描かれているような印象は、
真実を、まだ幼かった娘さんに伝えようと描いていたからだったのか、
とストンと納得できました。

『アカネちゃんのなみだの海』
短いお話が積み重なって家庭の姿が描かれています。
どこか寂しく、時に身を切るほど辛く、
それでも優しく、静かに、力強く。
1番印象的だった話は「モモちゃんのなみだの海」。
小さかったモモちゃん、すっかりお姉ちゃんになっていたけど、
ずいぶん無理をしていたことが分かって切なくなってしまう。

そんなモモちゃんたちの姿を
優しくずっと見守ってきた存在は、
まるで「時」そのもののように優しい。
悲しいできごとを受け入れる力、1歩先に踏み出す力を与えてくれる
何よりも強く、優しい「時」という存在。
自分も、「時」とともにモモちゃんたちを見守ってきたような気持ちと、
自分自身もこんなふうに「時」に守られているのかな…と、
優しい、温かい気持ちになれる。

様々な優しさに包まれたモモちゃん家族。
「終わり」と思うとちょっと寂しいけれど、
モモちゃんもアカネちゃんもずっとずっと誰かに、何かに見守られながら
優しく、強く、成長していったのだろうな、
と心温まる気持ちで読み終わることができました。




『アカネちゃんのなみだの海』
もうすぐ1年生になるアカネちゃんに、
とてもうれしいことがありました。
なかよしのくつしたの、
タッタちゃんとタアタちゃんが、かえってきたのです。
かなしいのは、おわかれです。
モモちゃんとアカネちゃんは、
パパといちばんかなしいおわかれをします。
シリーズ「モモちゃんとアカネちゃん」最終巻。

参考:「BOOK」データベース

関連記事
≪千年の森をこえて  | アカネちゃんのなみだの海 | 麦ふみクーツェ≫
コメント
アカネちゃんのなみだの海

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
アカネちゃんのなみだの海

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL