★5つ。

数学は激しく苦手です、が、
博士が語ると数式が美しく思えてしまう。

記憶が80分しか持たない博士と、周りの人々。
覚えることのできない苦しみと
覚えてもらえない悲しみ、
どちらも伝わってきて切なくなります。
それでも、こういう形で人は触れ合うことができるんだな…
って感じられてうれしい。

表紙の絵のように淡い色彩を感じるお話です。
映画は見てないけど配役はかなりイメージ通り。

博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
小川 洋子

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書) 博士の愛した数式 (講談社コミックスDX (2130巻)) 妊娠カレンダー (文春文庫) 薬指の標本 (新潮文庫) 完璧な病室 (中公文庫)

by G-Tools
関連記事
コメント
博士の愛した数式

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
博士の愛した数式

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL