★4つ。

話題の『火花』、繊細で真摯で、どこか煌めきがある小説、という感想。
理屈っぽくてよく入って来ないところはあるのだけれど、
それは「この小説が」というよりも「この主人公が」理屈っぽい、という印象。
主人公の徳永、
こんなに難しいことを頭の中でこね回していたら苦しいだろうに…
と思うけど、彼にとってはそれが自然なことなのだろう。

真剣に命がけで何かを追及する、ということがどれだけ茨の道であるか。
自分が思い描いていたことが実力不足で出来ない、
伝えたいことが世間に伝わらない、ということがどれだけ苦しいか。
苦しくてみっともなくて、それでもそうして生きるしかなくて、
崖っぷちギリギリを分かっていながら歩くしかなくて。

そうする中で、崖から落ちてしまう人もいる。
徳永が慕う先輩、神谷は、落ちてしまった。
自分がいいと思うことを世間に伝える術が分からず、
どうすればうまく生きられるか分からず、
より駄目な方向へ、より世間から疎まれる方向へ、進んでしまった。

そんな先輩を呆れ、恐れ、それでもやっぱり慕っている徳永。
彼らの生きざまは器用じゃないし、成功者とはとても言えない。
けれど必死に生きている姿は身につまされるし、胸を打つ。
決して長くは続かない、けれど、魂を燃やして輝きを放つ彼ら、
徳永と神谷、それぞれの相方、そしてたくさんの芸人たち。
彼らの姿こそが「火花」なのだろう。

過剰評価、という話もある。
けれど、わざわざ「色眼鏡を排除して」読む必要も無い、という気がする。
芸人又吉直樹が書いた、というところも含めての物語なのだから。
絶賛し過ぎるのも、けなし過ぎるのも、なんだかピンと来ない。
自分は、又吉さんに好感を持っているから
面白ければいい、という気持ちは確かにあった。
それを含めても、読んだ後に胸に残る切ない思いがあることは確かだ。
 



『火花』
お笑い芸人2人。
奇想の天才だが
芸も人生もなかなかうまくいかない神谷、
彼を師と慕いつつも別の道を歩む徳永。
神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。
彼らの人生はどう変転していくのか。
「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

参考:「BOOK」データベース
関連記事
コメント
火花

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック