ふる西加奈子

★4つ。

今まで読んだ西加奈子さんの小説は
登場人物がかなり個性的、

現実にはなかなかいないだろう、
という強烈なインパクトの持ち主たち。
(そんな人々でも、どこかほんの少し
自分や周りの人々に似ているところがある気にさせられるんだけど)

『ふる』の花しす(かしす)は、不思議なものが見える人。

西加奈子さんが書きたかったという
“いのち”にほかの人より近い人。
だから自分とは明らかにちがうんだけど、
彼女の人との関わり方は、こんな人いるかも…
というか自分もこんなところあるかも、という印象を受ける。

場の空気をなごませたくて、
自らを“オチ”にしようとする花しす。

天然、なごむ、と言われる自分に満足し、
その場の空気をやわらかいものにすることに全力を注ぐ花しす。

だから、大切な人にも一歩踏み込まず
そっと見守るのがよいのだと考え、
そんな自分を「優しい」と言われることに違和感を覚える花しす。

近い、気がする。分かる、気がする。

『ふる』は、やさしい話だ。
人は皆、最初から祝福されている、という話。

小説全体を通して、
不完全でつまずいてばかりの人々を見守る
大きな“何か”の底なしの優しさ、という、
『さくら』で感じたことをこの小説でも感じた。

同居の猫たちと
花しすにだけ見えていた、ふわふわとした白い何か。
それは曖昧な存在だけど、一人一人に必ずあり、決して離れることがない。
それこそ命で、祝福で、
だから大丈夫なんだ、と思える。

“今”がどんどん“過去”になって忘れてしまうことに不安を覚える花しす。
花しすの人生に何度も現れる人物、新田人生。

花しすと一緒に、
私も新田人生に諭され、許され、祝福してもらった。

西加奈子さんは
「わたしは、いのちのことを書きたかった」と後書きで書いている。
『ふる』だけでなく、西加奈子さんの小説はすべて、
いのちについて書かれている気がする。

西加奈子さんのやわらかな、
すべてのものを包み込み「大丈夫」と見守る視線。
小説の中で起こるできごとは強烈でも、
やわらかな視線がどの話でも感じられて、
その視線が自分にも注がれているように思えて心地いい。

どんなに辛い状況だとしても、
底なしのやさしさに、生まれながらの祝福に浸れること。
それこそ、西加奈子さんの小説の魅力ではないか、と思う。




『ふる』

池井戸花しす、28歳。
職業はアダルトビデオのモザイクがけ。
「いつだってオチでいたい」と望み、
誰の感情も害さないことにひっそり
全力を注ぐ彼女に訪れた変化とは―。
日常の奇跡を祝福する「いのち」の物語。

参考:「BOOK」データベース

関連記事


読書ブログランキングに参加中。
よろしければ クリックお願いします ↓
投票♪
コメント
書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!のご案内
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

トラックバック
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
ベーグル焼いたり、本読んだり。

ベーグル焼いて売るのがお仕事。

るん

備忘録といいますか、
読後に自分の中に湧く気持ちを言葉にして、
ついでにブログにしてみました。

北海道 札幌市北区の手ごねベーグル専門店
「ベーグル屋 ここのわ」ホームページはこちら

Instagram(インスタグラム)はこちら

猫友日めくりカレンダー2018
うちの猫さんは 6/17♪

猫友日めくりカレンダー
本のおすすめ度カテゴリー
つぶやき

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ