白銀の墟 玄の月小野不由美

★4つ。

十二国記はどの話も、胸にぐっと迫ってくる。
その中でも、最も待ち望んでいた戴国(たいこく)の話の続き。

最初はもったいなくて少しずつ読んでいたけれど、
ラストに向かうにつれ、どうなるんだー!と一気読み。
読む前から、きっとそうなるなーと思っていた通り。

『白銀の墟 玄の月』(しろがねのおか くろのつき)は、
予想していた通り重たくて、辛くて、
それでも希望がある物語だった。
十二国記の最初の物語『月の影 影の海』も、上巻はとにかく辛くて、
それを乗り越えたうえの下巻で、どんっ!と心を打たれた。
その感覚に少し近いような印象。

戴麒(たいき)の戦いに、胸を揺さぶられる。
十二国記世界の人物であると同時に、日本の高校生でもある戴麒。
時おり描かれる、日本の高校生であった頃の描写。
それがあると、ますます近さを感じ、
その途方もない戦いに、それに挑む強さに感動する。
幼かった戴麒が、2つの世界での苦しみを越え、
この強さを身につけたのだと思うとぐっとくる。

主要登場人物に関しては、謎が残るところが多々ある。
阿選(あせん)はなぜあんなことをしたのだろう…と思うけれど、
どうやらそれは阿選自身にもはっきり分からないことらしい。

『白銀の墟 玄の月』を読む前は、
どうしてあんなことを?
そしてそれを成し遂げたのに、なぜそんな行動を?
と疑問ばかりがあった。

それに対する明確な答えは、無い。
「無い」ということが答えなのか、と、
読み進むうちに納得してしまった。

人は何かをする時、
強い気持ちもあれば、成り行きでそうなってしまった…という部分、
なんとなくそうしてしまった、といった
相反する感情が入り混じっているものではないか。
「動機は恨みです」「嫉妬です」なんて、
一言で言い表せてしまうほうがむしろ不自然なのではないか、と思う。

だから、阿選の苦しみも、少し分かってしまう気がする。
様々な感情が入り混じって、自分でもはっきり説明することができない、
そこが生々しく、人間臭さを感じる。
敵ではあるけれど、自分とまったく違うもの、とは思えないのだ。

読み終わった今は阿選ではなく、「どうして?」と
その行動の理由を知りたく思う人物がいる。
きっとその人も阿選と同様に、
様々なものが重なったうえでの行動なのだろうけれど、
まだまだ謎だから。

私はその人を、『白銀の墟 玄の月』以前の描写で
「ものの道理が分かっている」人物だと思っていた。
十二国記で王、そして人間の大切な資質として描かれているもの。

だから、その人がしたであろうことに衝撃を受けたし、哀しみを感じた。
裏切りとしか思えないその行為、それをした理由に納得したい、
納得できないならできないで哀しみと怒りをしっかり感じたい。
だけど、その心がまだ分からない、
阿選に感じた人間らしさをまだ感じられないから、
もう少しその人の話を知りたく思う。

そして、再会できた人々のその後の様子もやはり知りたい。
今年、短編集が出るという話だけど、
そのあたりが描かれているのか、楽しみに待ちたいと思う。

そんな風に、主要な登場人物たちはもちろん気になるのだけれど、
『白銀の墟 玄の月』で描かれているのは
そういった人々ばかりではない。
色々な立場の、多くの人々。

戦争や事故で犠牲が✕人、なんてあっさりと言われたりするけれど、
その人々皆ひとりひとり、
想いや苦しみや利己的な部分や夢がある、生身の人間であって。

たくさんの犠牲があって、
どうしてこんな…と思うようなひどいことがあって、
ここまで描かなくても、と思うような残酷な描写もある。
けれどそれも、読み終わってみたら
ひとつひとつ必要な描写で、
その積み重ねによって紡がれてきた
”歴史”というものを描いている、と思えてくる。

多大な犠牲があって、それは本当にひどいことで、
許されることも哀しみが消えることも無いのだけれど、
なおそのうえで力強く希望を持って生きようとする
人間の強さを感じられる。
絶望的な状況で、それでも最後まで足掻く人々。
これまでの十二国記と同じく、やっぱり胸に迫ってくる。

ラストは今までの十二国記シリーズと同じく、
歴史書の記述としてさらりと「史実」が書かれている。
こんなに大変なことがこれほどあっさりと書かれていることに驚くけれど、
逆に言えばあっさりした「史実」の裏では、多くの真剣な生があるのだ。
 
とにかく辛いし重たいし、
ラストは決してすっきりしたものではない。
けれど、読み始める前の期待通りに、
人間の歴史、弱さと強さ両方を持つ人々の真実、
そして絶望的な状況の中に含まれた希望を感じられる、
私にとってはやはり大きくて大切な物語だった。

 


『白銀の墟 玄の月』

あなたこそ、わたしが玉座に据えた王。
だが-。
18年ぶりの書下ろし新作、ついに。
戴国の怒濤を描く大巨編、開幕。

参考:「amazon」作品紹介

関連記事


※ベーグルのご予約・お取り置き・冷凍便のお申込みは、TEL&FAX(070-2685-7346)のほか、
ツイッターでも承ります。


ブログ村 投票♪
↑2つのブログランキングに参加中↑
よろしければ クリックお願いします。
コメント
トラックバック
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
ベーグル焼いたり、本読んだり。
ベーグル屋 ここのわ
つぶやき
本のおすすめ度カテゴリー

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ