★3つ。

短編ミステリー集。
すべての話に出てくる刑事さんが同一人物だ、
と気付いたのは3作目。(ニブい)

この加賀刑事、
東野さんの小説ではお馴染みの人のようです。
犯人は分かるしトリックもそれほど凝ってないけど、
人が罪を犯してしまう理由やその悲しさが描かれています。

でもその心理描写も、短いゆえにちょっと物足りない、
もうちょっと知りたい、って感じが…。

「加賀刑事」のファン向け、と言えるかも。
文章は丁寧で好きなので、今度は長編読んでみます。

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
東野 圭吾

私が彼を殺した (講談社文庫) どちらかが彼女を殺した (講談社文庫) 卒業―雪月花殺人ゲーム 同級生 (講談社文庫) 眠りの森 (講談社文庫)

by G-Tools
関連記事
コメント
嘘をもうひとつだけ

本の感想・レビュー記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
嘘をもうひとつだけ

本の感想・レビュー記事へのトラックバックURL